ボードゲーム

[ボードゲーム] 4つの評議会 紹介

council of 4

4つの評議会(カウンシル・オブ・フォー)は、王国の商人として自分の商店を建てていく2~4人用のゲームです。手番では自分に有利になるような評議員を選出したり、営業許可を獲得したり、商店を建設したりしていきます。

4つの評議会について

ボードゲームの4つの評議会

地域ボード3枚を組み合わせてゲームボードを作ります。それぞれが両面仕様になっており、全部で8通りの組み合わせがあります。その下に国王ボードを置きます。

各プレイヤーは自分の色のコマと政略カード、サマリーカードを受け取ります。

ゲームは終了条件を満たすまで手番を時計回りに行っていきます。
手番では2つのフェイズを行います。

手番で行うこと

フェイズ1:カードの獲得

山札から政略カードを1枚引きます。

山札が枯れた場合は、捨札をシャッフルして新たな山札を作ります。

フェイズ2:アクションの実行

手番では必ずメインアクションを1回行います。その前か後にクイックアクションをすることができます。

メインアクション

1.評議員1人の選出

ストックにある好きな評議員コマ1つを評議会バルコニーの左端に差し込みます。バルコニーには常に4つコマがあるため、右端のコマは押し出されてストックにいきます。その後、4金を得ます。

2.営業許可タイルの獲得

欲しいタイルのバルコニーのコマに対応している色のカードを捨てて、営業許可タイルを獲得します。

たとえばバルコニーに橙、桃、青、黒のコマがある場合、同じ色の4枚を捨てればタダで獲得できます。捨てた枚数によって支払う金額が変わります。

3.タイルを使って商店を建設

手元にある営業許可タイル1枚を裏返し、対応する都市に商店コマを置きます。

4.国王の助力を得て商店を建設

「営業許可タイルの獲得」と同様にカードとお金を支払い、国王コマがある都市に商店コマを置きます。国王コマはお金を支払うことで移動させることができます。

ボード上に商店コマを置くと、都市に描かれている利益が得られます。さらに、そこから直接つながっているすべての都市からも利益を得ます。

クイックアクション
  1. 3金を支払って助手1人を獲得
  2. 助手1人を支払い営業許可タイルを更新
  3. 助手1人を支払い評議員1人を選出
  4. 助手3人を支払い、もう1度メインアクションを行う

ゲームの終了

誰かがすべての商店コマを置いたら、そのプレイヤーは3点を獲得します。それから他のプレイヤーが一手番ずつ行うとゲーム終了です。

最終得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

評議員を買収して自分の店を広げる

ボードゲームのカウンシルオブフォー

作者はマルコポーロの旅路やロレンツォ、ニュートンなどを手がけたシモーネ・ルチア-二です。

評議員コマに対応したカードを捨てるのは買収を意味しています。自分に都合が良い評議員を選出して、買収し、どんどん商店を建てていきます。カード4枚がそろっていればタダですが、1枚だと10金のため、上手く色を合わせていかなければなりません。

ゲーム中、1地域すべての都市や1色すべての都市にコマを置くとボーナスタイルがもらえます。このボーナスタイルを狙うのか、または都市同士をつなげて利益を得るのかの選択が悩ましいです。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間半ほどでした。

ゲーム序盤からボーナスタイルが取られ、しばらくの間、30対2のような得点差になり「え?これどうにかなるもんなの……?」と不安がよぎりました。しかし、そこから徐々に得点をつめていき、最終的には接戦になりました。

わたしはとにかく都市同士をつなげることに注力し、ほとんどボーナスタイルは無視していました。都市の数が増えてくると、もらえる利益も増えてくるため、拡大再生産のようになってきます。

クイックアクションでかなり融通が効くため、ある程度、助手はもっていた方がよさそうです。評議員を入れ替えたり、タイルを更新したりと盤面をコントロールすることができます。

最初はかなりあっさりした感じだなと思っていたのですが、だんだん分かってくると悩ましさが増してきました。政略カードは6色+ジョーカーしかないので、ゲーム途中で「何、その強いカード!」となることもありません。他の情報はすべて公開されているため、他の人の動向を考えながら、とにかく唸ることになります。

派手さはないですが、じっくり遊べるゲームです。

タイトル Council of Four
発行年 2015年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 40~75分
デザイナー Simone Luciani, Daniele Tascini
[ボードゲーム] ニュートン 紹介ニュートンは、若き学者となって、書棚を充実させつつ、ヨーロッパをめぐり、技術研究などを行う1~4人用のゲームです。アクションを実行するた...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。