ボードゲーム

[ボードゲーム] ニムト 紹介

6 nimmt!

ニムトは1994年ドイツゲーム大賞を受賞した2~10人用のカードゲームです。手札から数字が書かれたカードを一斉に出し、場にある列につなげていきます。その際、6番目になってしまった人がその列のカードを引き取ります。ゲーム終了時に獲得したカードに書かれた牛の首の数が少ない人の勝ちです。

ニムトについて

カードには1~104までの数字が書かれています。それぞれのカードには1~7個の牛の首アイコンが書かれています。

山札から4枚カードをめくり、場に並べます。これが各列の最初のカードになります。各列には5枚までカードを置くことができます。

各プレイヤーに10枚ずつ手札を配ります。

手番では一斉にカードを1枚出します。
その後、ルールに従って列にカードを並べていきます。

並べる際のルール

カードは数字が小さいものから並べていきます。列にあるカードの中で1番近い数字の後ろに置きます。各列には5枚までしかカードを置くことができません。

出したカードが6番目になってしまった人は、その列にある5枚を引き取ります。これは手札と分けて置いておきます。そして、その人が出したカードがその列の先頭になります。

もし出したカードがどの列の数字よりも小さい場合、好きな列のカードをすべて引き取らなければなりません。その後、その人が出したカードが先頭になります。

手札がすべてなくなるとラウンド終了です。

ゲームの終了

ラウンドが終了したらマイナス点を記録しておきます。

上記の手順でラウンドを繰り返し、マイナス点が66点を越えたプレイヤーが出るとゲーム終了です。1番マイナス点が少ないプレイヤーの勝利です。

長きにわたって遊ばれ続ける定番

カードゲームのニムト

1994年に発売され、今でも遊ばれている定番ゲームの1つです。人数が多いほど、先の展開が読めなくなって盛り上がります。

日本語版では「ニムト」というタイトルですが、もともとは「6 Nimmt!」というタイトルです。「nimmt」とはドイツ語で「取る」という意味です。

他にも「6ニムト ジュニア」「11ニムト」「Xニムト」「6ニムト25周年版」など、さまざまなバージョンがあります。11ニムトは一斉出しではなく1人ずつ出していったり、Xニムトは各列に置ける枚数が違ったりと、シリーズによってルールに変更があります。

BGA(ボードゲームアリーナ)で無料で遊べるので、操作に慣れるために最初に遊ぶゲームとしてもオススメです。

タイトル 6 nimmt!
発行年 1994年
プレイ人数 2~10人
プレイ時間 45分
デザイナー Wolfgang Kramer
board game arena
BGA(ボードゲームアリーナ)で無料で遊べるゲーム紹介【短時間】BGA(ボードゲームアリーナ)はオンラインでボードゲームを遊ぶことができるサイトです。基本的には無料で遊ぶことができるのですが、ゲームに...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。