ボードゲーム

[ボードゲーム] ピクチャーズ 紹介

ピクチャーズ

ピクチャーズはお題の写真を積み木やヒモなどで表現するパーティーゲームです。並べられた16枚の写真の中から指定の写真を表現して、他の人がどれを表現しているかを予想します。

ピクチャーズは2020年のドイツ年間ボードゲーム大賞の大賞受賞作です。

ピクチャーズについて

各プレイヤーに材料セット1組を渡します。

材料セットは「石と棒」「積み木」「ヒモ」「イラストカード」「キューブ」の5種類です。

テーブルに4×4の16枚の写真を並べ、その外側に1~4、A~Dのマーカーを置きます。

各プレイヤーは袋からトークンを取り出します。トークンには「Aー2」といった感じに、今回どの写真を表現するのかが書かれています。

全員がお題を確認したら、一斉に材料を使って写真を表現します。

完成したら、他のプレイヤーがどれを表現しているのか予想をシートに書き込みます。

全員が予想を書き終えたら、答え合わせをしていきます。

得点方法
  • 他のプレイヤーの答えを当てたら1点
  • 自分の答えを当ててもらったら1人につき1点

得点を書き終えたら、今度は今使っていた材料セットを隣に回し、上記を繰り返します。

5ラウンド行うとゲーム終了で、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

お手軽に遊べる表現系

ボードゲームのピクチャーズ

モノを使って表現するため、絵を描くのが苦手な人でも問題なく遊ぶことができます。かなりの制限があるため、どこに着目して表現するかがポイントになってきます。

写真はバリエーションが豊富で、風景から動物、人間までさまざまなものがあります。

お題を確認して「えー、こんなの無理だろ」と思いながらも、何とか完成させて、見事に当ててもらえると、とてもうれしいです。逆に自分では会心の出来だと思っていても、他の人には全然伝わらなかったりするのも面白いですね。

キューブは黒、白、黄、青、緑、茶、赤、灰の8色を使うことができるのですが、必ず3×3で表現しなければなりません。9ドットで写真を表現するため、かなりのデフォルメが必要になります。

また、ヒモの場合は、長短2本の黒いヒモだけを使うため、こちらもなかなか難しいです。

簡単なルールなのでお子さんでも十分に遊べます。老若男女を問わないので、家族で遊ぶのにもちょうどいいですね。手番が同時なので待ち時間がないのも遊びやすいです。

タイトル Pictures
発行年 2019年
プレイ人数 3~5人
プレイ時間 20~30分
デザイナー Christian Stöhr, Daniela Stöhr
pencil
絵や文字で表現するボードゲーム 7選絵や言葉を書いて表現するゲームをまとめてみました。簡単なルールが多いので、普段ボードゲームを遊ばない人でもすぐに理解可能です。 テレス...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。