ボードゲーム

[ボードゲーム] サンタマリア 紹介

Santa maria

サンタマリアは個人ボードにタイルを配置し、選んだダイスによってアクションを実行していく1~4人用のゲームです。集めた資源で新たなタイルを購入したり、出荷して得点に変えたりしていきます。

サンタマリアについて

各プレイヤーに入植地ボードを配ります。入植地ボードは両面仕様になっており、B面はすべてのボードが同じデザインになっています。さらに初期資源と手番順に応じたお金を得ます。また、青いダイス1個を受け取って振り、入植地ボードの左側に置きます。

ゲームボードの上部に学者タイルと司教タイルを、左側に海運タイルを置きます。プレイ人数×3個の白いダイスを振り、目ごとに分けてボード下部に置きます。

ゲームは全3ラウンドです。各ラウンドは全員がパスするまで時計回りに1アクションずつ実行していきます。

アクションの種類

ボードゲームのサンタマリア

入植地の発展

コストを支払い、2マスか3マスの発展タイルを購入します。その後、自分の植民地ボードに配置します。タイルは重なるようには置けず、ボードにすでに描いてある建物を覆うようには配置できません。

建物の発動

自分の入植地ボードの建物にコインを置き、そこに描かれているアクションを実行します。必要なコストは最初は1金、次は2金、その次は3金と1金ずつ増えていきます。アクションを実行したら、そのマスの上に使ったお金を置いておきます。

一列/一段の発動

共通のストックから白いダイスを取るか、自分が所有する青いダイスを使って、一列、または一段すべてのアクションを実行します。白いダイスは列(縦)、青いダイスは段(横)です。(植民地ボードに描かれています)

白いダイスの場合、上から順番にアクションをしていき、最後に実行したアクションのマスにダイスを置きます。

青いダイスの場合、左から順番にアクションをしていき、最後に実行したアクションのマスにダイスを置きます。

どちらの場合も、すでにダイスが置かれていたり、お金が置かれているアクションは実行されません。

アクションの種類
  • 生産 … 示されている資源やお金、得点を得ます。
  • 交易 … 上段に示されている資源を支払い、下段に描かれているものを得ます。
  • 海運 … タイルに描かれた資源を支払い、ボード左にある海運タイルを獲得して植民地ボード右に置きます。
  • 征服者 … 征服者トラックを1スペース進めます
  • 信仰 … 信仰トラックを1スペース進めます。穀物1個を支払うと1スペース追加することができます。
  • 修道士の雇用 … 修道士トークンをいずれかの修道士スペースに配置します。それにより永続効果が得られたり、ゲーム終了時の得点が増えたり、即時に資源や得点がもらえます。

パス(休息)

プレイヤーマーカーを休息スペースに置き、そのマスに示されているアクションを実行します。その後、自分の海運タイルから収入を得ます。

フリーアクション

手番中、好きなタイミングで何度でも資源の売却と購入が行えます。値段は植民地ボードに描かれています。

ラウンドの終了

全員がパスするとラウンド終了です。

征服トラックの順位に応じて得点を獲得します。その後、征服者トラックにあるマーカーをスタート地点に戻します。

入植地ボードにあるダイスとお金をストックに戻します。白いダイスは共通のストックに戻し、青いダイスは入植地ボードの左側に置きます。

ゲームの終了

3ラウンドが終わるとゲーム終了です。

最終得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

個人ボードを強化しながら一気にアクション実行

ボードゲームのサンタマリア

ダイスによるアクションの実行は、一列、または一段すべて行えるため、タイルを上手く配置することでどんどん強化することができます。ただし、ダイスはラウンド開始時に振られるため、必ずしも望んだ目が取れるとは限りません。(1金につきダイスの目を1増減可能です)

白いダイスは各自3つずつまでしか取れないため、早めに欲しいダイスを取ってしまうか、まずはボードを充実させてから取るかの選択が悩ましいです。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで2時間半ほどかかりました。

司教タイル、波止場タイル、征服者トラック、入植者マスと、さまざまな方法で得点が取れるため、どれが1番伸びそうかを考えつつ、アクションを実行する必要があります。

今回、わたしは入植者重視でタイルを獲得していきました。発展タイルには入植者のイラストが描かれているものがあります。ゲーム終了時、列や段が埋まっていると、入植者1人につき1点になります。また、司教タイルによる終了時ボーナスも公会堂につながっている入植者につき1点だったため、とにかく植民地ボードを入植者で埋めていきました。

しかし、入植者マスにはアクションがないため、上手いこと拡大していきません。それでも何とか資源をやり繰りして極力空きマスができないように植民地ボードを埋めていきました。

終わってみると、ほとんど入植者無視で征服者トラックをガンガン上げていったプレイヤーが結構な差をつけて1位でした。収入でラウンド終了時に征服者トラックが進むため、それでかなり得点を稼いでいましたね。

得点方法が多様なため、いろいろな戦略を試したくなります。また、終了時の得点を決める司教タイルがランダムで選ばれるため、その組み合わせによって目指す方向が変わってきそうです。

さらに上級ルールや選択ルールなども用意されているため、長く遊べそうなゲームです。

タイトル Santa Maria
発行年 2017年
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 45~90分
デザイナー Eilif Svensson, Kristian Amundsen Østby
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。