ボードゲーム

[ボードゲーム] 辛いだけでいいのか? 紹介

辛いだけでいいのか?

辛いだけでいいのか?は3~4人用のトリックテイキングゲームです。トリックが始まる前に4スートのうち、どの色をもっとも多く獲得するか、さらにどの色をもっとも少なく獲得するかをビッドします。カードの背面がスートごとに異なるのが特徴です。

辛いだけでいいのか?について

スートは4スート、1~12までの48枚です。スートは唐辛子、胡椒、ワサビ、からしの4種類で、背面にスートごとの模様が描かれています。そのため、誰がどのスートを持っているのか分かるようになっています。

ラウンド開始時、4色のカードと数字のカードを使い、スーパートランプとスートの強さを決定します。

4色のカードに対して、ランダムで数字のカードを割り振っていきます。数字が大きい方の色が強いスートになります。さらに、その色と割り振られた数字のカードはスーパートランプとなります。

たとえば、赤9、緑7、黒5、黄2となった場合、強さの順番は、

 赤9>緑7>黒5>黄2>赤>緑>黒>黄 

となります。

スーパートランプは、そのスートに属しながらも強い扱いになるので注意してください。

スーパートランプが決まったならば各自にカードを配ります。手札は3人の場合は12枚、4人の場合は10枚です。あまったカードは裏向きのままスートごとに分けておきます。

各プレイヤーは手札を確認したら、このラウンドで1番多く取るスートと、もっとも少なく取るスートをタイルによって決めます。このビッドは同時に公開します。

ゲームはマストフォローのトリックテイキングです。ただし、リードスートが有利な訳でなく、最初に決めたスートの強弱によって勝敗が決まります。そのため、フォローできないで出したカードがリードスートよりも強いスートならば勝ちます。もちろん、スーパートランプはその上です。

トリックに勝ったプレイヤーは、さらに場に並べてあるあまったカードからも1枚獲得します。

獲得したカードはスートごとに分けて、裏向きのまま自分の前に置いておきます。

トリックに勝ったプレイヤーが次のリードを行い、手札がなくなるまでこれを繰り返します。

得点計算とゲームの終了

最多、最少の予想が当たった場合、5点です。
ただし、単独ではなく複数スートが当てはまる場合は3点です。

さらに単独最多、単独最少の両方を当てた場合は、差分枚数が追加で入ります。

人数ラウンド行い、もっとも合計点が多いプレイヤーの勝利です。

玄人向けのトリックテイキング

カードゲームの辛いだけでいいのか

かなり独特なルールなので、トリックテイキングに慣れた人向けです。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで40分ほどでした。

最初は最多と最少のことだけを考えて、他のスートはおろそかにしていたのですが、これが失敗でした。取っても取らなくてもいいやと思っていたスートが予想以上に多くなってしまい、最多を逃してしまいます。

シンプルな作戦としては、最多のスートを1トリック取ってしまい、あとは一切取らないというのが効果的です。これで単独最多5点、同数最少3点の8点になります。

もちろん、そう上手くいかないのがマストフォローで、スート枯れした他のプレイヤーにいらない色を押しつけられてしまいます。さらに場からいらないカードを取らなければならないため、どんどん計画が崩れていきます。

また、カードが配りきりでないのもポイントで「そろそろスーパートランプが来るはず」と思っていても、そのまま出てこないこともあります。

だいぶクセがあるので、さまざまなトリックテイキングを遊んだ経験者向けのゲームかなという印象です。

それから、からしのイラストがどう見てもアレですね……。

タイトル Scharfe Schoten
発行年 2014年
プレイ人数 3~4人
プレイ時間 30分
デザイナー Arve D. Fühler
変わり種トリックテイキングゲーム10選トリックテイキングゲームには、さまざまな種類があります。トランプを使ったものから、独自カードのまで種類豊富ですが、今回はその中でも特に個...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。