ボードゲーム

[ボードゲーム] タイムチェイス 紹介

time chase

タイムチェイスは3~6人用のトリックテイキングゲームです。タイムトラベルがテーマになっており、過去のトリックの結果を変えることができます。こうして3つのトリックを支配できるとゲームに勝利します。

タイムチェイスについて

カードは5スートで、各スートは1~13まであります。各プレイヤーはコントロールディスクとタイムマシーンカードを受け取ります。他にイベントトークン、トラベラーズポーン、燃料クリスタルがあります。

プレイ人数に応じてカードを抜きます。たとえば、4人で遊ぶ場合は各スートの1~4を抜いておきます。

各プレイヤーに10枚ずつ手札を配ります。残ったカードの1枚をめくり、それが切り札スートとなります。あまったカードは使用しません。

今回のイベントトークンを置きます。
イベントトークンは今回のラウンド数を表しています。

各プレイヤーは一斉にクリスタルを公開して、どのトリックに参加するかを決めます。0個ならば今のラウンド、クリスタルを使うごとに過去のラウンドに戻っていきます。

全員がどのラウンドに参加するかが決まったら、現在のラウンドからトリックを行っていきます。

切り札あり、マストフォローのトリックテイキングです。トリックに勝ったプレイヤーはそこにコントロールディスクを置きます。すでに他のプレイヤーがコントロールディスクを置いている場合は、それをそのプレイヤーに返し、自分のものと入れ替えます。

そのトリックで使われたリードのカードと、トリックに勝ったカードをイベントタイルの下に置いておきます。リードカードは縦、勝ったカードを横にして区別できるようにしておきます。

過去に戻ってトリックを行う場合は、すでに置かれているリードに従い、さらに勝ったカードよりも強いカードを出すことでコントロールディスクを置くことができます。

全員がトリックを1回ずつ行ったらクリスタルを2個ずつ補充して、新たなイベントトークンを置き、次のトリックを行います。

これを繰り返し、ラウンド終了時に自分のコントロールディスクを3つ置ききることができたプレイヤーがゲームに勝利します。または、10ラウンド終了時に2つのコントロールディスクを置いていて、より先のイベントトークンにディスクがあるプレイヤーがゲームに勝利します。

バッティングありのトリックテイキング

トリックテイキングのタイムチェイス

切り札ありのマストフォローですが、トリックテイキング感は薄いです。それよりもクリスタルを上手く使って、バッティングしないようにカードを出すことがゲームのキモになってきます。

過去のトリックはリードスートも勝利カードも決まっているため、1人で行くことができれば確実に勝つことができます。ただし、バッティングして同じところに戻ってしまうと、お互いにカードを出して勝利しなければなりません。

また、1ラウンドよりも前に戻ることで切り札を変えることができます。この辺りを上手く活用したいところですが、そこまで戻るためには多くのクリスタルが必要になるため、なかなか都合良くはいきません。

今回は4人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで40分ほどでした。

まず説明書がオリジナル用語満載なので、かなり分かりづらいです。全ルールを聞いた段階で、みんなが「???」となっていました。トリックテイキング用語に直せばそこまで難しくないのですが、世界観重視のため、いちいち用語を変換する必要があります。

実際にやってみた感じ、かなり運要素は高そうです。手札によってはどこに戻っても勝てないため、ただただカードを出すだけになります。都合がいい切り札に変えることができればまだいいのですが、クリスタルの数によってはそれもままなりません。

独自性はかなりありますが、トリックテイキングを遊んだ感はあまりないですね。

タイトル Time Chase
発行年 2019年
プレイ人数 3~6人
プレイ時間 30分
デザイナー Jonathan Woodard (II)
trick taking
BGGにおけるトリックテイキングの難易度BGG(Board Game Geek)は世界のボードゲーム愛好家のためのサイトです。ゲームの評価を初め、適正人数、プレイ時間などなどさ...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。