究極のワンナイト人狼リプレイ風 紹介

究極のワンナイト人狼は3人から遊ぶことができる正体隠匿ゲームです。通常の人狼ゲームと異なり、司会者が不要で短時間で終わるため、繰り返し遊ぶのにも向いています。以前、紹介記事を書きましたが、今回は実際に遊んでみるとどういった流れになるのか、リプレイ風に紹介します。

究極のワンナイト人狼リプレイ

使用役職(4人用基本)

人狼(×2)… 夜のアクションはありませんが、仲間を確認することができます。

占い師(×1)… 夜に中央にある3枚のうち2枚か、誰か1人のカードが確認できます。

泥棒(×1)… 夜に誰かのカードと自分のカードを交換できます。交換した場合、そのカードが何だったのか確認できます。

トラブルメーカー(×1)… 誰か2人のカードを中身を見ずに交換します。

村人(×2)… 特殊な能力はありません。

ゲームの目的

村人陣営 … 最多票を集めた人が人狼。

人狼陣営 … 最多票を集めた人が人狼以外。

リプレイ

A: 夜のアクションが終わりました。みなさんおはようございます。

一同: おはようございます。

B: さて、では何から話しましょうか。

A: まず占い師が何を見たか確認した方がいいと思うんですが、どうでしょう?

B: そうですね。通常の人狼と違い、ワンナイトだと最初から出てきも問題なさそうですし。

C: はい、わたしが占い師です。

A: 一応、他にも占い師だっていう人いますか?

B: なさそうですね。

A: では、Cさん。どこを見ましたか?

C: わたしはBさんを見ました。その結果、村人でした。

B: そうなんです。僕、村人なんですよ。Cさんは信じられますね!

A: なるほど。他に候補がいないようだと、Bさんが村人、Cさんが占い師でほぼ間違いなさそうですね。まぁ2人とも人狼という可能性もなくはないですが。

D: さすがにその可能性は薄そうですね。

A: そうなると、私かDさんが人狼。または中央に2枚とも人狼があるということになりますが、Dさん何かありますか。

D: 実はおれ、トラブルメーカーです。

C: 誰と誰を交換したんですか?

D: 言った方がいいですかね。

C: もったいぶらずに(笑)

D: AさんとBさんを交換しました。

A: え、本当ですか。

D: はい。

A: では、みなさんBさんに投票しましょう。私が人狼だったんで。

B: え! マジすか。

A: ええ、残念ながら。

C: あー、そうなるとAさんが村人になっているのは間違いなさそうですね。

D: なるほど。じゃ、Aさんに投票しましょう。

A: え?

D: おれ、トラブルメーカーじゃないんで。

A: は??

D: 実はおれ、泥棒でCさんと交換したんですよ。なので、今は占い師です。

B: Aさん、カミングアウトするのが早かったですね。

A: うそー!

投票の結果、Aさんに決まり、Aさんが人狼だっため村人側の勝利となりました。

数分で完結する正体隠匿ゲーム

究極のワンナイト人狼 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


このようにわずか数分の間に、二転三転するゲームです。

他の人狼ゲームと違い「自分が人狼だ」ということをバラせるのも特徴的です。

上記の流れで、もしDさんが言ったことが本当だったら、カードを交換されたBさんが投票されて、Aさんは村人側として勝利できていました。

通常の人狼と違い、最初からどんどん役職を言っていけるので、騙れるタイミングも多いです。

他にも役職がいろいろあり、それを入れるともっと展開が豊かになるのですが、その分、考えることも増えて複雑になります。そのため、最初は上記のような基本役職で遊んでみるのがオススメです。5人の場合は、村人をもう1つ入れればOKです。

究極のワンナイト人狼だけでも結構な種類の役職があるのですが、拡張を入れると追加の役職カード以外にもトークンもあったりと、さらに展開が豊富になります。

あまり人数は集まらないけれども、人狼系を遊びたいというときにオススメのゲームです。ちょっとしたすき間時間に遊ぶのにもちょうどいいですね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。