ボードゲーム

[ボードゲーム] オールスタードラフト 紹介

オールスタードラフトはアイスホッケーチームの監督となり、優秀なメンバーをスカウトしてチームを作る2~6人用のゲームです。3回のレギュラーシーズンのために3つのチームを作り、そのメンバーの中からさらに厳選して、プレーオフに臨みます。

オールスタードラフトについて

ボドゲのオールスタードラフト

チームのメンバーとなる動物カードには、1~9までの数字が書かれています。中にはアイコンが描かれているカードもあります。

各プレイヤーにさまざまな能力を持ったコーチカードを配ります。

レギュラーシーズン

試合会場ボードが1枚公開されます。会場ごとに獲得できるファン(得点)が異なります。順位順に得点が高いものもあれば、逆順のもの、真ん中の方が高いものなど、いろいろあります。

各プレイヤーに6枚ずつ動物カードを配ります。

その後、1枚取って隣に渡すドラフトを行います。
どちらに渡すかはラウンドによって異なります。

ドラフトをして6枚を獲得したら、その中から5枚のチームを構成します。

全員がチームを構成したならば、一斉に公開して勝敗を競います。

勝敗の判定

カードにはアイコン、数字、動物の種類という3つの情報があります。その中のいずれかを使ってペア、スリーカード、フォーカード、ファイブカードといった役を作ります。

役の強さが同じ場合はアイコン、数字、動物の順に強いです。そのため、アイコンのファイブカードは数字のファイブカードに勝ちます。

勝負の順位に応じて、ファンを獲得します。

プレーオフ

レギュラーシーズン3ラウンドで獲得した18枚のカードの中から、5枚を選び、チームを構成します。

全員がチームを構成したならば、勝敗を判定して、最下位だったプレイヤーは勝利点を獲得してプレーオフから脱落します。

残ったプレイヤーは先ほど作ったチームの2~4枚を交換して、新たチームを構成します。同じように勝利判定を行い、最下位だったプレイヤーは脱落します。

これを繰り返し、最後に1人が残ればゲーム終了です。

もっとも合計得点が多いプレイヤーの勝利です。

動物アイスホッケーチームを運営する

ボードゲームのオールスタードラフト

さまざまな動物をスカウトして、アイスホッケーチームを作るドラフトゲームです。基本的には一般的なドラフトをするだけなので、ルールは難しくありません。また、アイスホッケー要素はほぼありません。

作れる役も単純に同じものを集めるだけなので、ポーカーなどに比べて分かりやすいです。

今回は4人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで40分ほどでした。

レギュラーシーズンの1回目が弱い順に得点が高いという変則的なルールでした。そのため、できるだけアイコンや数字、動物が一致しないようにチームを組んでいきます。

レギュラーシーズンで勝つことはもちろん重要なのですが、できればプレーオフを見据えてカードを獲得していく必要があります。プレーオフの得点は高いので、ここで優勝できればゲームに勝てる可能性が高まります。目の前の試合のことだけを考えてしまうと、最後に強いチームが作れなくなってしまいます。

コーチカードは、いわゆるバリアブルプレイヤーパワーで、個人ごとに特殊能力を持つことになります。動物を任意の動物に変更したり、数字を入れ替えたり、特定のカードを出すだけで得点が入ったりと、バラエティ豊かなコーチがいます。

最終的には4人中3人が1位タイという超接戦で終わりました。

同点の場合はプレーオフの結果が反映されます。

全試合に勝つのが理想ですが、なかなか上手くはいかないため、どこで力を蓄えておくかがポイントになってきます。また、プレーオフを想定したメンバーを集めていくことも重要です。プレイ-オフはどんどんチームを変えていく必要があるため、1つだけに特化しても勝てないようになっています。

ゲーム内容とは関係ないですが、コンポーネントのオールスターカップがかなり大きいのも見所です。

タイトル All-Star Draft
発行年 2021年
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 45分
デザイナー Marco Schaub
BGGリンク All-Star Draft | BGG
[ボードゲーム] ドラフト 特集ボードゲームのメカニズムの1つとしてドラフトがあります。ドラフトにもブースタードラフト、ロチェスタードラフトなどいろいろありますが、今回...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。