トランプ

[トランプ] クリベッジ

cribbage

クリベッジはトランプを使った2人用ゲームです。得点を数える必要があるためクリベッジボードを使うのが一般的ですが、チップなどで代用することもできます。3人以上で遊ぶことも可能ですが、2人で遊ぶのが基本です。

クリベッジについて

使用するカード

ジョーカーを抜いたトランプ1組

カードの順番

 A、2、3、4、5、6、7、8、9、10、J、Q、K 

一般的なトランプと違い、AとKはつながっていません。

カードの点数

A 1点
2~10 数字通りの点数
J・Q・K 10点

ディール

山札から1枚ずつカードを引き、より高いランクのカードを引いた方がディーラーです。同じ数じの場合は引き直します。

以降は順番に交代します。

ディーラーはカードをシャッフルして、相手にカットしてもらいます。その後、各自に6枚ずつ配ります。

クリブ

カードを確認してから各プレイヤーは手札から2枚のカードを裏向きに捨てます。この捨てられたカードをクリブといいます。

クリブはディーラーのものになりますが、まだこの段階では中身を見ることはできません。

スターター

ノンディーラーは残っているカードをカットします。1番上のカードを表にして、山札の上に乗せます。この表にしたカードをスターターと呼びます。

もし、スターターが「J」ならばディーラーは2点を獲得します。
これをヒズ・ヒールと言います。

プレイ

プレイはノンディーラーから始めます。

手札から順番に1枚ずつカードを出していきます。このとき、カードの累計を声に出して言います。

たとえば、まず3を出すならば「3」、次にKを出すときは「13」、次に5を出すときは「18」といった感じです。

このとき、特定の数や役ができた場合は、即座に得点します。

15 累計が15点。
そのカードを出した人が2点。
31 累計が31点。
そのカードを出した人が2点。
ラストカード そのラウンドで最後のカードを出した人が1点。
ペア 同じランクが連続で2枚出た。
2枚目を出したプレイヤーが2点。
ペア・ロイヤル 同じランクが連続で3枚出た。
3枚目を出したプレイヤーが6点。
ダブル・ペア・ロイヤル 同じランクが連続で4枚出た。
4枚目を出したプレイヤーが12点。
シークエンス 出したカードを含めて3枚以上が連番になっているとき、1枚につき1点。スートは同じでなくてもいい。また、数字は順番通りでなくてもOK。

どちらかがちょうど31になるカードを出すとラウンド終了です。

どのカードを出しても累計が31を越える場合や自分の手札がなくなってしまった場合は「ゴー」と宣言します。

「ゴー」が宣言されたら、もう1人は31ちょうどになるカードを出すか、31を越えないように手札がなくなるまでカードを出し続けます。カードが出せなくなるとラウンド終了です。

ラウンドが終わっても、どちらかのプレイヤーに手札が残っている場合は、次のラウンドを始めます。

次のラウンドは最後にカードを出した方ではないプレイヤーから始めます。累計はまた0からスタートします。

両プレイヤーの手札がなくなると手役の計算に入ります。

手役の計算

各プレイヤーはプレイで出したカードを手札に戻します。

それから以下の表に従って得点を計算します。スターターは両方のプレイヤーの手札の一部として扱います。

得点計算の順番は、ノンディーラー、ディーラー、クリブの順です。

15 数字の合計が15になる組み合わせがあると2点。
1枚のカードを別の組み合わせに使うことができる。
ペア 同じランク2枚で2点。
ペア・ロイヤル 同じランク3枚で6点。
ダブル・ペア・ロイヤル 同じランク4枚で12点。
シークエンス 3枚以上の連番は1枚につき1点。
フラッシュ スターターを除いた4枚が同じスートならば4点。スターターも同じならば5点。
ヒズ・ノブ スターター以外の4枚の中にあるスターターと同じスートのJは1点。

ゲームの終了

どちらかのプレイヤーが121点に達すると、その瞬間にゲーム終了です。(ラウンドを最後まで行う訳ではありません)121点を先に取ったプレイヤーの勝利です。

121点に達していない場合はディーラーを交代してカードを配り直し、新たなディールを始めます。

2人用トランプゲームの代表作

トランプのクリベッジ

他に似たルールがない、かなり独特なトランプゲームです。

世界的にも人気があるゲームで、さまざまなデザインのクリベッジボードが販売されています。

カードの配り運はありますが、どの順番でカードを出していくかに技術が要求されます。

手役の計算方法がちょっと独特です。

たとえば、♣7、♣8、♥7♥8を持っている場合、

♣7♣8 ♣7♥8 ♥7♥8 ♥7♣8の4つのパターンで15が作れるため、2×4で8点が入ります。シークエンスの場合も同様に、同じカードを別の組み合わせに使えるため、慣れるまで見落としがちです。

ルールがちょっとややこしいので、初めはスマホ用アプリなどで練習した方がいいかもしれません。

ちなみに3人で遊ぶ場合は個人戦ですが、4人で遊ぶ際はチーム戦になります。

別府さいさんがA4、2枚のサマリーを公開しているので、そちらを参考にすると遊びやすいです。
参照:クリベッジ(2人用)サマリー | 杜の家アーカイブス

トランプゲームのまとめ
トランプゲーム一覧(現在59種類)現在、サイト上で紹介している主なトランプゲームの一覧です。 ルールの難易度を5段階で表しています。(最終更新日2020年06月14日)...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。