ボードゲーム

[ボードゲーム] ダーダオチェン(Dadaocheng)紹介

dadocheng

ダーダオチェンは4×4に配置されたタイルをめくったり、交換したりして色をそろえる1~4人用のゲームです。同色を3つ以上そろえると資源が手に入ります。その後、そろったすべてタイルをめくります。めくった結果、また3つ以上揃っていれば連鎖して資源を得ることができます。

ダーダオチェンについて

ゲームボードに丸形のタイルを4×4に並べます。タイルは赤、黄、白、黒があり、裏返すと何色になるかが下部に描かれています。他に建物カード、貨物船カード、歴史事件カードがあります。

ラウンド開始時に歴史事件カードをめくります。これは全員に効果を与えるイベントのようなものです。産物がもらえたり、そのラウンド中、特定のアクションができなくなったりします。

手番では以下のフェイズを順番に行います。

1.計画

タイルを交換するか、裏返すかを2回行います。交換は隣接している必要はなく、好きなところ同士を取り替えることができます。

2.収入

3つ以上そろったら対応する産物を得ます。

その後、そろっていたタイルをすべて裏返します。その結果、また3つ以上そろっていれば産物がもらえます。これを続くだけ繰り返します。

3.満杯ボーナス

ボード上にある自分の4マスの倉庫が埋まっていると、そのうちの1マスから産物を得ることができます。

4.購入とアクション

産物を使って建物を購入したり、貨物船に出荷したりします。

上記をすべて行ったら次の人に交代です。一巡するとラウンド終了です。

これを規定ラウンド行うとゲーム終了です。

最終得点計算を行い、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

コンボがつがなると気持ちがいい

ボードゲームのダーダオチェン

4×4マスでタイルをそろえるのがパズルゲームのようです。どんどんコンボがつながるととても気持ちがいいですが、狙ってやるのはなかなか難しいです。

あとは獲得した産物を使って特殊効果や得点をもたらす建物カードを獲得したり、終了時に得点をもたらす貨物船にセットコレクションで出荷したりしていきます。

手番中に1回、ダイスアクションが行えます。資源を1つ払えば2個、資源を2つ払えば3つのダイスを振り、対応した目の産物がもらえます。何がもらえるかはボードに描かれています。ちなみに1と6の目は何ももらえないので、必ずしも得する訳ではありません。

今回は3人で遊んでみました。全員が初プレイでルール説明から終了まで1時間半ほどでした。

産物の1つはアヘンなのですが、他の産物よりも強力になっています。ただし、使った分だけ終了時にマイナスになってしまうので、どのくらい使うのかの見極めが重要です。

わたしはアヘンには手を出さず、コスト軽減の建物を建ててから、とにかく出荷するスタンスでやってみました。ダイスを振るとだいたい資源が減ってしまうので、とにかく数を揃えて出荷していきます。(何度か振ったら見事に1と6ばかり出たので若干引かれました)

順調に進んでいたのですが、歴史事件カードにより出荷できないラウンドがあり、その分の得点を逃してしまいます。

終わってみると57対51対41と、出荷できなかった分が届かずに2位で終わってしまいました。

ゲーム中は「アヘンが足りない」「1度やると抜けられない」「アヘン最高」といった危険なワードが飛び交っていました(笑)

ちなみに1位のプレイヤーはアヘンを使いまくっていたので強力な戦法なのかもしれませんね。

パズルゲームのようにコンボがつながるのが気持ちいいです。
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。