ボードゲーム

[ボードゲーム] ガンジスの藩王 ダイス・チャーマーズ 紹介

ガンジスの藩王ダイスチャーマーズ

「ガンジスの藩王 ダイスチャーマーズ」は「ガンジスの藩王」の紙ペン版です。4種類2個ずつあるダイスを振り、その中から1つを選びシートに書き込みます。「ガンジスの藩王」のテイストがしっかり残りつつもコンパクトにまとまっています。

ガンジスの藩王 ダイス・チャーマーズについて

ボードゲームのガンジスの藩王ダイスチャーマーズ

各プレイヤーはシートを1枚ずつ受け取ります。シートは2種類あり、全員が同じ面を使用します。

ダイスは4種類2個ずつあります。オリジナルダイスになっており、それぞれの面にアイコンが描かれています。

スタートプレイヤーがダイスを振り、その中の1つを選びます。同じ種類のもう1個のダイスはゾウの上に置かれ、他のプレイヤーは選べません。

その後、残りのプレイヤーが1つずつダイスを選んでいきシートに書き込んだらラウンド終了です。

スタートプレイヤーを時計回りに交代して、次のラウンドを行います。

これを終了条件を満たすまで繰り返します。

ゲームの終了

シートにはお金のトラックと名声トラックの2種類が書かれています。名声は左から右に、お金は右から左に進むようになっています。

誰かがこのトラックを交差させるとゲーム終了です。

交差させたプレイヤーの勝利です。もし複数人が同時に交差させた場合は、トラックの差がより開いているプレイヤーの勝利です。

アクションの種類

ダイスは4色あり、それぞれにアクションが割り振られています。

商品の獲得(紫) ダイスに描かれた商品を獲得します。
道の敷設(緑) ダイスに描かれた種類の道を書き込みます。
川を進める(青) ダイスに描かれたアイコンのところまで船を進めます。
宮殿アクション(橙) ダイスに描かれた人物に応じたアクションを実行します。

言語依存なしのロール&ライト

ボドゲのガンジスの藩王紙ペン

数字以外すべてがアイコン表記のため、初めは何が何だかわかりませんが、やっていくうちに理解できるようになります。

2つのトラックが交差したら終わりの、いわゆる「ガンジスの藩王方式」になっています。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間ほどでした。

基本的にはダイスを1つ選び、そのアクションを実行なのですが、一定個数を埋めるとボーナスがあるため、それによる追加アクションもあります。

川は後半ほど効果が強いのですが一方通行のため、端まで行ききるとアクションができなくなってしまいます。そのため、どのアイコンでどこまで進めるかが悩ましいところです。(後ろに進めるアクションもあります)

いろいろなところにボーナスがあるため、どこをどう進めていくかがとても悩ましいゲームです。

タイトル Rajas of the Ganges: The Dice Charmers
発行年 2020年
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 30~45分
デザイナー Inka Brand, Markus Brand
BGGリンク Rajas of the Ganges: The Dice Charmers | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。