ボードゲーム

[ボードゲーム] ファーナス -ロシア産業革命- 紹介

furnace

ファーナス -ロシア産業革命-は、競りと生産を行い、資金を増やしていく2~4人用のゲームです。プレイヤーは数字が書かれた4枚のディスクを使って競りを行います。勝つとカードが獲得できますが、負けると資源がもらえます。

ファーナス -ロシア産業革命-について

ボードゲームのファーナス

各プレイヤーはスタートアップカードと資本ディスクを受け取ります。資本ディスクには1~4までの数字が書かれており、数字が大きいほどディスクも大きくなっています。

さらにプレイヤーごとの能力となる資本家カードを受け取ります。

ゲームに登場する資源は、石炭・鉄・石油の3種類です。お金は使う機会がないため、得点のような扱いです。

ゲームの流れ

ゲームは全4ラウンドです。

各ラウンドはオークションフェイズと生産フェイズに分かれています。

1.オークションフェイズ

山札から企業カードを公開して並べます。企業カードは両面仕様となっており、アップグレードして裏返すことで効果が強力になります。

スタートプレイヤーから順番にディスクを1枚ずつ企業カードの上に置いていきます。同じカードに同色のディスク、同じ数字のディスクは置けません。

すべてのプレイヤーがディスクを置いたならば、左側のカードから処理を行います。

  • もっとも数字が大きいディスクを置いたプレイヤー
    →そのカードを獲得します。
  • それ以外のディスクを置いたプレイヤー
    →ディスクの数字分だけカードに書かれた資源を獲得します。

2.生産フェイズ

自分が所有しているカードを使って、資源を別な資源やお金に変換します。

カードを改良することで効果が強力になります。

ゲームの終了

4ラウンドが終わるとゲーム終了です。

所持金がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

負けてもお得な競り

ボドゲのファーナス

通常の競りゲームだと負けると意味がないことが多いですが、ファーナスの場合、負けることで資源がもらえたり、変換できたりするため、わざと負けることも有効です。

すでに他のプレイヤーが4のディスクを置いているところに、3のディスクを置けば資源が3回分もらえるのでかなりお得です。

基本的な流れは、資源をより価値が高い資源に変えるか、お金に変えるかです。資源ごとに変換効率が違うため、できるだけ効率良く変換できるようにコンボを組んでいきます。

今回は4人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで1時間ほどでした。

テキスト効果は最初に配られる資本家カードだけで、企業カードはすべてアイコンです。効果も資源をもらうか、変換かしかないので、初見でもすぐにどんな効果か理解可能です。

オークションフェイズは1つずつディスクを置いていくだけで、生産フェイズは一斉に行うため、ゲームのテンポもいいです。また、競りに負けてもメリットがあるのでギスギスしづらいです。むしろ、負けようと思って置いたのに勝たされて「うーん」となることもあります。

企業カードはラウンドごとに分かれているわけではなく、完全ランダムで登場します。後半になるほど強くなるわけではないため、その場その場で最適な選択をしなければなりません。

シンプルなルールで、やることも分かりやすいです。ただ、この手のエンジンビルドは数多く出ているため、食傷気味の人もいそうです。

作者はスマートフォン株式会社を手がけたイワン・ラシン(Ivan Lashin)です。

タイトル Furnace
発行年 2021年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 30~60分
デザイナー Ivan Lashin
BGGリンク Furnace | BGG
smartphone inc.
[ボードゲーム] スマートフォン株式会社 紹介スマートフォン株式会社はスマートフォンのメーカーとなり、新しい技術を開発し、商品を生産して販路を拡大していき、自社の売り上げを伸ばしてい...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。