ボードゲーム

[ボードゲーム] アハイアル 紹介

Arraial

アハイアルは個人ボードにピースをはめていく1~4人用のゲームです。色ごとにピースを並べたり、一列をすき間なく埋めたりするとポイントが入ります。使用するピースは回転ボードに乗っており、アクションポイントを使用して方向を変えることができます。

アハイアル(Arraial)について

各プレイヤーは個人ボードとレベルバーを受け取ります。レベルバーは個人ボードの上に置き、現在どこまでのスペースを使うことができるかを表します。

山札から3枚のピースカードをめくり、回転ボードに乗せます。

ゲームは全3フェイズあります。

手番では3アクションポイントを使って、以下のいずれかを自由に行います。

  • ピースを自分のボードに配置する。
  • 回転ボードを90度回転する。

アクションポイントはすべて使い切らなくても構いません。

個人ボードにピースを配置したとき、同じ色のピースが2枚以上隣接すると対応する観光客コマが獲得できます。さらにその色のマス数がもっとも多いプレイヤーは追加でカップルコマを受け取ります。カップルコマはゲーム中、その色がもっとも多いプレイヤー間を移動します。

一列が埋まるとレベルバーが1マスあがり、バーの上に白い観光客コマが乗ります。

手番が終わったら回転ボードにピースカードを補充します。

これを交互に繰り返してカードが補充できなくなるとフェイズ終了です。

このときレベルバーがフェイズ数に応じて下がります。ピースとぶつかってしまうとレベルバーがなくなってしまい、白い観光客コマが獲得できなくなってしまいます。

再びカードをシャッフルして次のフェイズを行います。

全3フェイズが終了するとゲーム終了です。

獲得したコマがそのまま得点になり、合計得点が多いプレイヤーの勝利です。

どれを取ってどれを取らせるか

ボードゲームのアハイアル

回転ボードが共有のため、どのピースを取って、どれを取らせるかがポイントになります。相手がどの色を欲しいのか、どの角度だと入れづらいのかをよくチェックしておくと有利にゲームを進めることができます。

ピースは全4色の8種類です。テトリスでお馴染みの形なので、どう入るかが分かりやすいです。ちなみに8種類中7種類は4マスのピースなので、どちらがカップルコマを獲得するのか数えやすくなっています。

パズルゲームなのでソロプレイ感が強くなりそうですが、どのピースを相手に渡すか、どの色でマジョリティを取るかといった争いがあるので、しっかりインタラクションがあります。

一列そろえるとレベルバーが一段上がるルールも、対戦型落ちものパズルといった感じで馴染みやすいです。

今回は2人で遊んでみました。

中盤までは順調にコマを獲得していたのですが、終盤にことごとくカップルコマを奪われてしまい、そのまま逆転されてしまいました。

「アハイアル」というポルトガルのお祭りがテーマのため、アートワークがとても賑やかです。各ピースにも人物が描かれており、それがどんどん集まっていく様は見た目にも楽しいです。

パズルゲームが好きな人にオススメ。
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。