ボードゲーム

[ボードゲーム] 天才画家ボン 紹介

天才画家ボン

天才画家ボンは8色のカードを使ってお題を表現する3~8人用のゲームです。1人がカードを使って絵を描きます。他のプレイヤーはそれを見て正解すればポイントが獲得できます。

天才画家ボンについて

カードは白、黒、橙、紫、赤、黄、緑の8色で、それぞれ10枚ずつあります。また、カードの片面には8個のお題が書かれています。

各色から3枚ずつを抜き出し、それをお題カードの山札にします。

残りはお絵描きカードとして、色ごとに分けてテーブルに置いておきます。

じゃんけんで最初に絵を描くプレイヤーを決めます。絵を各プレイヤーはお題カードの山から1枚を引きます。8個のお題には8色の色がついているので、山札の1番上の色と一致するものが今回のお題になります。

絵を描く際にはカードを何枚使っても構いません。いろいろな形に並べながらお題を表現していきます。

他のプレイヤーは答えが分かったら絵を描いている途中でも回答して構いません。回答に制限はないので、何度でも答えることができます。

正解したプレイヤーはお題山札の1番上のカードを獲得します。絵を描いたプレイヤーはお題として引いたカードを獲得します。

今度は正解したプレイヤーが絵を描くプレイヤーになります。

山札がなくなったらゲーム終了です。

獲得したカードを1枚1点として、合計得点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

答えを聞けば不思議とそう見える

ボードゲームの天才画家ボン

誰でもすぐに理解できる簡単なルールです。
実際に絵を描く訳ではないので、描くのが苦手な人でも大丈夫そうですね。

お題は野菜や果物といった食べ物から、職業、季節に関するものまでさまざまです。

思ったよりも各色のカードが少ないので、お題を描こうとすると「あれ?全然足りない」となります。そこを何とか工夫して表現していくのが腕の見せ所です。

お題を読んだプレイヤーの表情で、だいたいの難しさを察することができます。

中には表現が難しいお題もあるので、なかなか答えがでない場合はカードに書かれたテーマを発表することができます。それでも答えがでない場合はお題カードを戻して、別のカードを選びましょう。

考えているときは全然分からないのですが、1度答えを聞くとそうとしか見えないが不思議なものですね。

カードを使ったお絵描きゲームです。
[ボードゲーム] デュプリク 紹介デュプリクは3~10人用のお絵かきゲームです。一般的なお絵かきゲームと異なり、デュプリクでは絵の巧拙は問われません。ポイントになるのは「...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。