ボードゲーム

[ボードゲーム] エバーデール拡張:Pearlbrook 紹介

everdell pearlbrook

Everdell:Pearlbrookはエバーデールの拡張セットです。単にカードが増えるだけでなく、新たなトークンとしてPearl(真珠)が登場したり、アクションスペースが増えたり、2つの効果をもたらす装飾品カードが加わったりと、さまざまな要素が増えます。

Pearlbrookで新たに加わる要素

ボドゲのエバーデール拡張

Pearl(真珠)

新たなトークンとして真珠が加わります。

真珠は装飾品カードやワンダーのコストとして使用します。
また、真珠はゲーム終了時に1つ2点になります。

新たなボード

左側に新たなボードが加わります。

アクションスペースがいくつか増えるのですが、中に描かれたアイコンがこれまでのものとは違い、カエルの足跡になっています。これらのアクションスペースを使うため、カエルの大使コマが加わります。

カエルの大使コマはプレイヤーカラーのものがあり、開始時に1つずつ持ちます。通常のワーカーのようにアクションで使用しますが、カエルの足跡のマスにしか置くことができません。逆に、通常のワーカーはカエルの足跡のマスには置くことができません。新しい季節の準備をする際に、他のワーカーと一緒に戻ってきます。

ボードに固定で描かれているアクションスペースでは、資源やカードを支払い、真珠1つを得ます。

他4つには川の住民カードが2枚、川の場所カードが2枚置かれます。

カードはゲーム開始時、裏向きで配置されており、訪れるまで中身が分かりません。また、エバーデールのイベントタイルのように、必要な条件を満たすカードをプレイしていないと訪れることができません。

住民や場所は真珠やカードなどをもたらします。ただし、そのコストとして指定アイコンのカードを捨てたり、資源や勝利点トークンを支払わなければなりません。

装飾品カード

ゲーム開始時にランダムに2枚の装飾品カードが配られます。

装飾品カードのコストはすべて真珠1です。
通常のアクションとして、ゲーム中にプレイすることができます。

すべての装飾品カードは即時効果と終了時得点の2つを持っています。

WONDERS(ワンダー)

Pearlbrookでは基本イベントタイルを使用しません。

その代わりに4つのワンダーが登場します。10点、15点、20点、25点とかなりの高得点ですが、当然要求されるコストも重いです。

イベントタイルと同じように早い者勝ちで取りますが、条件さえ満たせば何枚でも取ることができます。

選択肢が増えて複雑に

エバーデールの拡張

要素がかなり増えたので、ちょっと複雑になった印象です。タイトルのPearlbrook(真珠の小川)の通り、真珠が大きくフィーチャーされています。

真珠は取るのが大変ですが、さまざまな使い途があります。また、他の資源と異なり、終了時に2点になるため、単純にたくさん集めるだけでも意味があります。

今回は2人で遊び、1プレイ1時間ほどでした。

真珠、カエル大使、装飾品、ワンダーと、いろいろな要素が加わったため、選択肢が増えて、若干複雑になりました。特に悩ましいのが真珠で、どのタイミングで使うかで展開が変わってきます。

装飾品はほぼ2点以上をもたらしてくれるため、プレイした方が得点が上がります。ただし、今回加わったカードは「真珠を○個持っていると~」という効果が多いため、どこで使うかの見極めが重要になってきます。

とりあえずまだ1度しかプレイしていないので、いろいろ試してみたいところです。

今回、カードを日本語化するにあたり、U壱さんのサイトを参考にしました。カードの和訳データがあるため、それを切って貼るだけで日本語化が可能です。

YOU遊STYLE 和訳

アメリカアマゾンの使い方
アメリカのアマゾンでボードゲームを買おう!最近では数多くのボードゲームが日本語化されるようになりました。賞を取ったものや特に評価が高いものは遅かれ早かれ日本語版が出ることが多いで...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。