[ボードゲーム] 180827 ピココ、コインブラ

この日は3人で届いたばかりの新作のピココを遊び、その後、先日遊んだコインブラを再戦しました。

ピココ

ピココ

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


クジャクを模したカードホルダーがインパクト大のトリックテイキングです。

カードがクジャクの羽のようになっており、自分のカードの表面が見えないようになっています。その代わり、他のプレイヤーの手札が見えるので、そこから自分の手札を推測しながらプレイします。(山札があるので完全には分かりません)

実際にカードを出すのは左隣のプレイヤーのカードなので、ますますどうすればいいのか混乱します。

どういった順番でカードを出すべきかという流れがつかめていないと、なかなか予想を当てることはできません。

また、Twitterでいくつかルール間違いしている人を見かけたので、これからプレイする人は以下の点に気をつけましょう。

ピココを遊ぶ上での注意点

・入札は自分以外のプレイヤーに対して順番に行っていき、最後に全員が自分に対しても行います。ルールの書き方から、自分にはしないと勘違いしがちなので注意してください。

・信任カードは自分の入札の中でもっとも自信があるプレイヤーに対して行います。たとえば「青が3トリック勝つ」と入札して、それに自信がある場合は青の信任カードをプレイします。入札が当たりそうなプレイヤーに出す訳ではありません。

見た目は派手ですが、どちらかというとトリックテイキングに慣れた人向けのゲームです。

コインブラ

コインブラ3人戦。159対142対105

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


先日4人で遊んだので、今度は3人で遊んでみました。メンバーは前回と同じなのでルール説明は必要ないのですが、4人と3人では異なる点があります。

3人で遊ぶ場合、ダイストークンが常に置かれており、そこにその目のダイスが置かれている扱いになります。ダイストークンの番がくると、もっとも影響値が高いカードが捨てられます。

細かい違いはありますが、後は4人のときと、ほとんど変わりません。

前回は城のアクションを使いすぎた気がしたので、今回はもっと積極的にカードを取得していくことにしました。航海カードにあわせて得点になる色のカードを集めます。さらに前回ほとんど意識していなかった特許状を集めてみました。

結果は159対143対105で2位でした。

さすがに特許状はメインでいける感じではないですね。航海カードとの兼ね合いもありますが、巡礼者を移動させまくるのが強いような気がします。

4人と3人で遊んでみましたが、どちらも問題なく楽しめました。

3人だと容赦なくカードが捨てられていきますが、どのカードが捨てられるのかが分かるので、それを踏まえた行動ができます。そのせいか、今回は誰も困窮アクションを行いませんでした。前回は何度か使われていたので、3人の方が予測がつきやすいのかもしれません。

1アクションずつ行っていくので、ダウンタイムもそこまで気になりません。ただ、カードが見えている分、長考しがちな人は考え込んでしまうかもれません。

ルール説明がいらなかったこともあり、3人で1時間40分ほどでした。表記時間は75~120分なので、慣れればもう少し早くなるかもしれませんね。

最近買ったゲームの中ではかなりリプレイ意欲が湧いているゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)