[ボードゲーム] ロッキー・ロード・ア・ラ・モード 紹介

ロッキーロードアラモードはアイスクリームの販売員として、お客の要求するアイスを提供していく2~4人のカードゲームです。アクションを行うとボード上のコマが進み、コマがもっとも後ろにある人が手番を行うという変則的な手番順になっています。

ロッキー・ロード・ア・ラ・モードについて

各プレイヤーは自分のトラックカードと初期手札3枚を受け取ります。カードは左上にどのアイスとして使えるか、右上に宣伝する際に進むマス数、その下に1人目の客の要求、2人目の客の要求、最下部に達成すると得られるものが描かれています。

他に場所カードが4枚あり、これは達成ボーナスです。要求を満たしたカードがそろうと獲得することができます。

ボードの何カ所かにワイルドポップトークンを置きます。トークンはここを先に通過した人がもらえます。トークンは客の要求を満たす際に、好きなアイス1つ分として使うことができます。

山札から3枚のカードをめくって場に並べたら、準備完了です。

手番では、以下の3つのうち、いずれか1つののアクションを行います。

補充

5枚までの数を宣言し、その分だけカードを引きます。カードは場にある3枚から引いても良いですし、山札から引くこともできます。宣言した数だけ自分のトラックを進めます。

宣伝

カードに描かれたマス数だけトラックを進め、自分のトラックの下に2人の客が見えるようにカードを差し込みます。

販売

トラックを1マス進め、客の要求している種類と枚数のカードを手札から捨てます。1人目の要求を満たしたら、2人目が上に来るようにカードをずらします。2人目の要求を満たしたらカードをトラックの左に横向きに差し込み、ボーナスを得ます。

ボーナスは勝利点か、いずれか1つのアイスのコスト軽減です。

次の手番はボード上のトラックの位置がもっとも後ろの人です。同じマスにいる場合は上にいるプレイヤーからアクションを行っていきます。

誰かが9点に達したら、その人よりもボード上で後ろにいる人が全員追いつくように手番を行い、ゲーム終了です。もっとも勝利点が多いプレイヤーの勝利です。

アクションを上手いこと調整して効率良くアイスを提供

ロッキーロードアラモード4人戦。

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


カードの補充は5枚までの好きな枚数が可能ですが、取れば取るほど次の手番が遅くなってしまいます。そのため、要求を満たせるようなギリギリの枚数を上手く補充していかなければなりません。

得点が高いカードはトラックが進むマス数が多かったり、マス数が少ないものは得点がなかったりと、どれを優先して取っていくかが悩ましいです。

見た目のポップさと裏腹にシビアなマネージメントが要求されます。ムダに手札をあまらせてしまうと、どんどん他のプレイヤーに離されてしまいます。ラストにカードを全部使い切るくらいきっちりコントロールしていかないと、なかなか勝つのは難しいです。

テキスト効果などもないため、3つのアクションを把握してしまえば、あとはサクサク進みます。他の人が何を狙っているのか、あとどのくらいで達成しそうなのかの見極めが重要です。ルールは簡単ですが、考えどころも多く、なかなか悩ましいゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。