ボードゲーム

[ボードゲーム] スプリング・ラリー 紹介

スプリング・ラリーは2~5人用のトリックテイキングゲームです。トリックテイキングでありながらゲームボードとコマ、ゼンマイといったコンポーネントを使ったレースゲームでもあります。トリックを行い、そのときに出たカードによってコマを進め、最初にコースを2周すると勝利です。

スプリング・ラリーについて

ゲームボードは両面仕様になっており、2種類のコースで遊ぶことができます。

各プレイヤーは、プレイヤーカラーのコマとゼンマイを受け取ります。ゼンマイといっても本当に巻いて動かすものではなく、解放したときにいくら進むかを表すためのタイルです。最初はゼロにあわせておきます。

カードは3スートで、プレイ人数によって使う枚数が変わります。

ゲームは3ラウンドあり、ラウンドによって手札枚数が異なります。

  • 1ラウンド:5枚
  • 2ラウンド:7枚
  • 3ラウンド:9枚

3ラウンドだけが配りきりで、1・2ラウンドはカードが残ります。

マストフォローのトリックテイキングですが、勝敗の決め方が特殊です。

トリックが1色だけだった場合、もっとも大きな数字が勝ちます。
2色の場合、2色目のもっとも大きな数字が勝ちます。
3色の場合、3色目のもっとも大きな数字が勝ちます。

そのため、フォローできない方が勝ちやすくなっています。

トリックを獲得した場合、そのときに出されたカードのうち、もっとも小さい数字分だけボード上の自分のコマを進めます。このとき、ゼンマイを解放して追加で移動させることができます。

トリックに負けたすべてのプレイヤーはゼンマイを1つ巻きます。

ゼンマイには数字が書かれており、途中まではだんだん大きくなっていくのですが、その後はだんだん小さくなっていきます。そのため、あまり負け続けると、進める数が減ってしまいます。

すべての手札がなくなり、ラウンドが終了したら、もっとも後ろにいるプレイヤーからゼンマイを解放します。全員がそれを行ったら次のラウンドです。

これを繰り返し、最初にコースを2周したプレイヤーの勝利です。もし誰もゴールできなかった場合は、もっとも前にいるプレイヤーが勝利です。

派手な展開のユルめなトリックテイキング

トリックテイキング+レースという変わり種です。

トリックに負けてもメリットがあるというのも変わっており、むしろ負け続けた方が有利なことが多いです。

コースのマス数に対して、1回に進める歩数が多いので、ためにためて一気に逆転ということも可能です。

マストフォローですが、リードのメリットがそこまでないため、トリックテイキングをしている感覚は薄いです。コンポーネントの雰囲気的にも、そこまでヒリヒリした空気の中で遊ぶゲームではないですね。

今回は4人で遊んでみましたが、ルール説明から入って30分ほどで終わりました。プレイ時間はかなり短いです。

どちらかというとトリックテイキングとして遊ぶよりかは、レースゲームとして遊ぶ感覚が強いです。そのため、トリックテイキングとして遊ぼうとすると「ん?」と感じる人が多いかもしれませんね。

変わったトリックテイキングが遊びたい人にオススメ!
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。