[ボードゲーム] 181025 パイオニア・デイズ、ナンバー9

アメリカのAmazonでたまたま見つけて購入したパイオニア・デイズをさっそく遊んでみました。ルールを読んだ段階で面白そうだなと感じていたのですが、実際に遊んでみると期待以上の面白さでした。

パイオニア・デイズ

 

View this post on Instagram

 

パイオニアデイズ91対74対65対54

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


西部開拓時代を舞台にしたゲームです。プレイヤーは幌馬車を率い、仲間を募って、厳しい災害をくぐり抜けていきます。

基本的には共通のダイスプールからダイスを1つ選び、アクションを実行を繰り返すだけです。ただし、ダイスには3つの使い途があるため、選択肢が意外に多いです。また、コストを支払えば好きな面に変えることができるので、運要素はそこまで強くありません。

町人を雇えばさまざまな恩恵が得られます。牛を増やせばラウンドごとに入る得点が増えます。ただし、町人は病気で、牛は飢饉で死んでしまうため、養っていくためにはそれだけの備えが必要になります。

町人や牛が増えれば増えるほど、多くの備えが必要になるため、拡大するほどにキツくなるようにできています。

今回わたしは序盤から牛を集め、コンスタントにラウンドごとの得点を稼いでいきました。さらに町人による終了時得点も狙うため、災害で人々が死なないように薬集めに勤しみます。

だいぶ得点差が開いていたのですが、1人のプレイヤーが終了時のボーナスで50点以上稼ぎ、一気に逆転されてしまいました。

そのプレイヤーは「薬か木材につき1点」という町人を集め、なおかつ町人効果により毎ターン薬や木材を買うという徹底ぶりで、合計得点の半分以上を終了時得点で稼いでいました。

今回は個人ボードの能力なしだったので、次回は能力ありでやってみたいですね。他の町人デッキがどのような内容なのかも楽しみです。(ゲームでは5デッキあるうちの2デッキを使用します)

ナンバー9

 

View this post on Instagram

 

ナンバーナイン

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


0から9までの数字が描かれたタイルを上手く組み合わせたり、重ねたりして高得点を目指します。

先日2回遊んでみたのですが、まだまだどんな感じかつかめなかったので、再び遊んでみました。

今回はとにかく上の段に行くことを目指し、早々に2段目から3段目を作ります。1回目は3段目で終わってしまいましたが、2回目は4段目まで行くことができました。

ただ、後々見返してみると2段目のタイルで隣接せずに離れているところがあったので、そこは得点計算のときに除外しました。それでも8が4段目に置けたことで高得点が出せ、勝つことができました。

このゲームはタイルの形が独特なので、最初はなかなか苦戦します。回数をこなして慣れてくると「ここにはあれが入りそう」というのが見えてくるので、もうちょっと数をこなしてみたいところですね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。