[ボードゲーム] 181127 トレインズ、妖怪セプテット、パリスコネクション

先日注文したトレインズが届いたので、さっそく新しいマップで遊んでみました。他には2対2のチーム戦トリックテイキングの妖怪セプテットを遊びました。

トレインズ

 

View this post on Instagram

 

トレインズ43対42対36対30で接戦を制した。

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


拡張のライジングサンが面白かったので、基本セットのトレインズを購入しました。

というわけで、さっそくトレインズの東京マップを4人で遊んでみました。

トレインズ:ライジングサンは独立拡張のため、単独で遊ぶことができます。ドミニオンでいうところの陰謀のような感じで、共通サプライのカードが入っています。

ただし、トレインズとライジングサンでは基本サプライの得点カードが異なります。コストと点数が違うため、こちらも入れ替えて使うことができます。

今回は1人が初プレイだったため、ルール説明から入りました。デッキ構築をいろいろ遊んでいる方のため、それほど時間もかからず、スムーズにルール説明が終わりました。

サプライは基本と拡張を混ぜて、あまりトリッキーになりすぎないような感じにしました。

4人だと、みんながぶつかることになるので、早めに線路を置いてしまいたいところです。あとから置くと追加コストがかかるだけでなく、廃棄物までついてくるので、これが続くとどんどん出遅れてしまいます。

わたしはルートボーナスを早々にあきらめ、とにかく先に線路と駅を拡げていくことにしました。他のプレイヤーが駅を置いたところにも積極的にかんでいき、盤面上での得点を伸ばします。

今回使ったサプライの中に、プレイすると1点というアクションカードがあったのですが、それを使っていたプレイヤーが終盤には15点近く取っていました。そんなに稼げないかと思って、わたしは使わなかったのですが、思ったよりも取れてましたね。

予想よりもゲームが延びたので、ちょっと差が開きすぎたかなと思ったのですが、きっちりボード上で得点を重ねたこともあり、何とか1点差で勝つことができました。

4人プレイの場合、結構時間がかかりますね。前回は1時間ほどかかりましたが、今回も80分ほどかかりました。サプライのカードがさらに増えたので、いろいろな組み合わせを試したいところです。

妖怪セプテット

 

View this post on Instagram

 

妖怪セプテット

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


前回と同じ今回も4人戦です。ただし、メンバーは異なり、わたし以外は全員初プレイです。

今年だけで何十種類とトリックテイキングを遊んでいる面々なので、ルール説明はすぐに終わりました。

しかし、実際プレイが始まると、みんなうなりっぱなしでした。どの3枚をパートナーにあげればいいのか、何からリードすべきか、どうやったらボス妖怪が取れるのか、さまざまな場面で頭を抱えます。

1戦目は11対0と大差で負けてしまったので、今度はパートナーを変えて遊んでみました。

2戦目でもまだまだ「これだ!」というプレイングはつかめず、みんなが「うーん……」とうなり続けていました。

満場一致で「面白い」という感想でしたが、考えすぎて疲れるという声もありました。

パリスコネクション

 

View this post on Instagram

 

パリスコネクション

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


見た目の割に30分くらいで終わる鉄道&株券ゲームです。

手番では鉄道コマをマップに配置していくか、手持ちの株券を交換するかのどちらかを行います。やることはそれだけなので、非常にシンプルです。

ただ、どの株を所有するか、どこに線路を伸ばすかが悩ましいです。今回はすべての鉄道が変な方向に伸ばされ、どれもゴールしないことがほぼ確定しました。一色、一色とコマがなくなっていき、最後の一色を残して、ゲームが終了しました。

今回もしっかり15個のコマを持っていたのですが、思ったよりも所有していたコマの価格が上がらず負けてしまいました。

初プレイの人もいましたが、ルール説明から終了まで40分ほどと、すっきりまとまったゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)