ボードゲーム

[ボードゲーム] ホームステッダーズ 拡張 紹介

homesteaders new beginnings

HOMESTEADERS NEW BEGINNINGSはホームステッダーズの拡張セットです。これを加えることで5人まで遊べるようになり、他にもいくつか要素が加わっています。

ホームステッダーズ拡張について

プレイ人数が5人まで対応

5人用のオークションボードとタイルが加わり、5人まで遊べるようになりました。オークションタイルには、これまでになかった効果が加わっています。

たとえば「No Auction」という効果があり、これが出るとそのラウンドは競る場所が1つ減るため、より競りが過熱しやすくなります。

新しい建物タイル

何種類かの新しい建物が加わります。

これらの新建物は5人専用というわけではないので、今までのルールでも使うことができます。

イベントカード

今回加わった中でもっとも大きな要素です。

ゲーム開始時に10枚のイベントカードが並べられ、各ラウンドでさまざまな効果をもたらします。

所有している借金ごとに1銀支払ったり、交易チットなしで売却ができたりと、全員に効果を与えるものから、特定のプレイヤーに効果があるものまでさまざまです。

イベントの効果は収入とオークションの間に発動します。

新ルール

細かい新ルールとして建物を建てる権利を競り落とした後に建てたい建物がなかった場合、それを辞退して線路を取ることができるようになりました。

通常ルールだとお金だけ支払って何もできずに終わりだったのですが、それが多少和らいでいます。

展開が少し豊かに

ボードゲームのホームステッダーズ拡張

通常のホームステッダーズではオークションタイルがめくられる順番しかランダム要素がありませんでした。今回加わったイベントカードにより、ゲームごとに違った展開になります。イベントは何ラウンド目に何が起こるかあらかじめ分かっているので運要素はありません。

今回新要素を入れて4人で遊んでみましたが、プレイ感はそこまで変わりません。もともと完成度が高いこともあり、劇的な変化がある拡張ではないですね。

5人で遊ぶ機会が多い人はあった方がよさそうですが、4人までで遊ぶ場合は必須という感じではないです。

これまでに何度もホームステッダーズを遊んでいて、多少の変化を持たせたいという人向けの拡張です。

今回遊ぶ際に「部屋とボードゲームと私と酒と泪と男と女」さんで公開されている建物用シートを使わせていただきました。日本語訳が書かれており、拡張建物にも対応しているのであるととても便利です。
参考:自作の和訳やプレイエイド等

[ボードゲーム] ホームステッダーズ 紹介ホームステッダーズは競りを行って資源を集め、建物を建てて、勝利点を獲得していくゲームです。2~4人で遊ぶことができますが、おすすめは4人...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。