ボードゲーム

[ボードゲーム] フラフープ(HULA-HOO!)紹介

Hula-Hoo!

フラフープは、できるだけ長くフラフープをし続けることを目指す2~6人用のゲームです。順番にカードを出していき、すべての手札を出し切るか、自分以外のプレイヤーが全員脱落すると勝ちです。

フラフープ(HULA-HOO!)について

カードは1~13まであり、それぞれにフラフープをしている動物が描かれています。7だけが12枚あり、他の数字はすべて6枚ずつあります。7はジョーカーとして扱います。

各プレイヤーにカードを配るのですが、最初の5枚は公開してその人の前に置きます。残り5枚は通常の手札として配ります。この10枚すべてを手札として扱います。

残りは山札として伏せたまま置いておきます。

スタートプレイヤーから順番に交換の機会があります。表になっているカード1~3枚を山札の下に戻し、新たに同じ枚数だけカードを引きます。

ゲームの流れ

スタートプレイヤーから時計回りに1枚ずつカードを出していきます。

カードを出す際に「高い方」か「低い方」と言います。

次のプレイヤーはそれに従い、それよりも高い数字か低い数字のカードを出します。その際も同じように「高い方」か「低い方」と言います。

このようにして出せなくなるまでカードを出していくのが基本的な流れです。

手札の最後をジョーカーであがることはできません。

ダブル

高い低いの宣言に関わらず、場にあるのと同じ数字のカードを「ダブル」と言いながら出すことができます。ダブルの場合は、山札から1枚引いて、手札に加えます。

次からのプレイヤーも同じようにダブルを続けなければなりません。

ダブルのキャンセル

以下の2通りの方法で、ダブルをキャンセルすることができます。

  • ダブルとして出されたカードの±1の数字を出す。
  • ジョーカー(数字の7)のカードを出す。

ダブルをキャンセルしたならば、通常と同じように「高い方」「低い方」と言います。

ジョーカー

数字の7のカードはジョーカーとして扱われます。

そのため、ダブルをキャンセルすることができますし、どのカードに対しても出すことができます。

ジョーカーを出した場合も通常と同じように「高い方」「低い方」と言います。

パス

手札からどのカードも出すことがない場合、パスとなり、ゲームから脱落します。

ラウンドの終了

誰かがすべての手札を出し切る、または1人以外のプレイヤーが全員をパスすると、ラウンドが終了します。

それまでに出されたカードの枚数が得点になります。得点を記録して、すべてのカードをシャッフルして次のラウンドに移ります。

ゲームの終了

合計得点が77点に達したプレイヤーがいればゲーム終了です。

もっとも合計得点が高いプレイヤーがフラフープチャンピオンとなり、ゲームに勝利します。

独特なプレイ感のゴーアウト系

カードゲームのフラフープ

単に手札を出し切るだけでなく、他のプレイヤーを全員脱落させても勝つことができる独特なゴーアウト系カードゲームです。

カードの出し方が毎回変わるため、数字をどちらかに偏らせると上がりづらくなっています。

独特なのがダブルで、同じ数字を出すとカードを1枚引くことになります。手札を出し切るのが目的のため、カードを引くことはマイナスのように思えますが、いい数字がないとその前に脱落してしまうため、場合によっては積極的に狙っていった方がいいです。

どのタイミングでも出せるジョーカー(7)がかなり強いため、これがあるとないとでは、だいぶ変わります。ただ、ジョーカーであがってはならないというルールがあるので、その前に処理しておく必要があります。

1をプレイして「低い方」、13をプレイして「高い方」と言うことができるため、次の手番の人を狙い撃ちすることも可能です。(ダブルやジョーカーが出せるので確実ではないですが)

フラフープの選手権という設定なので、カードのイラストはフラフープをしている動物になっています。数字が大きいほど、大きな動物が描かれています。ジョーカーの7は一見タコのようですが、謎の宇宙生命体だそうです。

他にはないプレイ感の独特なカードゲームです。

2015年に発売されたバッド・バニーズのリメイクにあたります。
タイトル Hula-Hoo!
発行年 2021年
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 10~20分
デザイナー Jacques Zeimet
BGGリンク Hula-Hoo! | BGG
[ボードゲーム] 大富豪・ゴーアウト系特集大富豪(大貧民)系、ゴーアウト系ゲームとは、先に手札をなくすことを目的としたゲームのことです。トランプで大富豪を何度も遊んだ経験がある人...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。