ボードゲーム

[ボードゲーム] いやどす 紹介

「いやどす」は3~5人用のトリックテイキングゲームです。配られた手札を並べ替えずに「通常カード」と「いやどすカード」に分割します。カードの種類によって出し方が変わる独特なゲームです。

いやどす 紹介

トリテのいやどす

カードは数字カード、差し込みカード、宣言カードがあります。数字カードは4スート、1~15でプレイ人数によって使用する枚数が変わります。差し込みカードと宣言カードは各プレイヤーに1枚ずつ配ります。

人数分ラウンドを行い、合計得点がもっとも高いプレイヤーの勝利です。

カードの配布と手札分割

手札が配られたら右側に向かって開いていきます。カードの順番は並べ替えることができません。

カードを確認したならば、好きな場所に差し込みカードを差し込みます。これ以降、差し込みカードの左側にあるカードを「通常カード」、右側にあるカードを「いやどすカード」と呼びます。

いやどすカードの初期枚数が0枚、または7枚以上になってはいけません。

いやどすカードの枚数は勝利トリック数のビッドも兼ねています。

その後、宣言カードをいやどすカードの初期枚数がわかるように手元に置いておきます。

ゲームの流れ

ゲームは基本マストフォローなのですが、カードの種類によって出し方が変わります。

リードは通常カードから好きなカードをプレイします。通常カードがない場合は差し込みカードを裏向きにして出します。リードでいやどすカードを出すことはできません。

フォローは自分が何を持っているかで変わります。

通常カードの中にリードスートがある場合 リードスートの通常カード、または好きないやどすカードを出します。
通常カードの中にリードスートがない場合 通常カードから好きなカードを出します。いやどすカードは出せません。
通常カードがない場合 差し込みカードを裏向きで出します。

特殊ルール①:提出

自分のいやどすカードがなくなった場合、即座に自分の差し込みカードを表向きで提出します。2人目以降が提出する場合には、その上に重ねて置きます。

特殊ルール②ダメどす

通常カードがなくなり、差し込みカードを裏向きで出したプレイヤーはラウドから脱落します。残った手札は伏せておきます。

脱落していないプレイヤーすべてが1枚ずつカードを出したならば、勝者判定を行います。

黒色の数字カードが出ている場合、黒色の中でもっとも大きい数字を出したプレイヤーの勝利です。

黒色の数字カードがない場合、リードスートの中でもっとも大きい数字を出したプレイヤーの勝利です。

ラウンドの終了

12トリックが終わる、または1人以外すべてが脱落するとラウンド終了です。

以下の3つの要素を計算します。

  1. 自分の差し込みカードよりも下にある差し込みカードの枚数
  2. 脱落したプレイヤーの数
  3. いやどすカードの初期枚数と獲得トリックの差

①+②-③を計算して、プラスになればその分の得点を獲得します。マイナスになった場合は0点です。また、脱落したプレイヤーも0点です。

特別ルール

自分以外のすべてのプレイヤーが脱落した場合、③の値が0になります。

得点を記録し、スタートプレイヤーを時計回りに交代して新たなラウンドを始めます。

ゲームの終了

人数分のラウンドが終わったら、ゲーム終了です。

合計得点がもっとも高いプレイヤーの勝利です。

独特なプレイ感のトリックテイキング

ボドゲのいやどす

文字だけで説明するとかなりわかりづらいルールです。実際にプレイしてみると、それぞれの意味合いがわかってきます。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで40分ほどでした。

基本はマストフォローなのですが、いやどすカードはメイフォローという変わったルールです。初めはどちらがどのタイミングで出せるのか迷ってしまいました。

通常カードがなくなると脱落してしまうため、手札が配られたときにどこで分割するかが重要です。

分割することでカードの使い方が変わるという独特なルールのため、慣れるまではカードの出し方を確認したほうがいいです。また、左側でフォローできるときに右側が出せるというのも直感的ではないため、慣れが必要です。

いろいろ考えられているなとは思うものの、イマイチピンときませんでした。

もう少し回数をこなせば面白さがわかってくるのかもしれません。

タイトル いやどす (Iyadosu)
発行年 2022年
プレイ人数 3~5人
プレイ時間 30分
デザイナー Mashikamaru
BGGリンク Iyadosu | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。