ボードゲーム

[ボードゲーム] スプレンダー・マーベル 紹介

splendor MARVEL

スプレンダー・マーベル(Splendor MARVEL)は、宝石の煌きのテーマをMARVELに変えたリメイクです。遊び方はほとんど同じですが、いくつかの要素が新たに加わっています。

宝石の煌きとの違い

ボドゲのマーベルの煌き

トークン

基本色が緑、青、赤、白、黒の5色から、黄、青、橙、紫、赤の5色に変更されました。オールマイティの黄色は灰色に変わっています。

スプレンダー・マーベルには新たに緑色のタイムストーンが加わりました。レベル3のカードを取ると、1つ獲得できます。

タイムストーンは勝利条件を満たすために必要になりますが、所持枚数に含まれるため、持てる枚数が減ってしまいます。また、緑のタイムストーンは捨てることができません。

アベンジャーズ集結タイル

いくつかのカードには1~2個のアベンジャーズタグが描かれています。

このタグを最初に3つ集めるとアベンジャーズ集結タイル(3点)がもらえます。ただし、このタイルはカタンの最大騎士力(ラージェスト・アーミー)のように、タグの数を上回ったプレイヤーが奪うことができます。

そのため、ゲーム中に何度も所有者が変わることがあります。

終了条件

宝石の煌きでは15点が終了トリガーとなり、同じ手番数だけやって最高得点の人がゲームに勝利しました。

スプレンダー・マーベルでは、16点、各色1枚以上のカード、タイムストーンの所持が勝利条件となります。同手番に条件を満たしたプレイヤーがいれば得点が高い方が勝ちます。

マーベルの煌き

ボドゲのスプレンダー・マーベル

ほとんどルールは同じですが、終了条件などに変更が加わっています。また、所有者が変わるアベンジャーズ集結タイルも今までになかった要素です。

各カードにはマーベルのキャラクターと名前が書いてあるため、映画などでキャラを知っていた方が、より楽しめそうです。

もちろん、基本的なルールは宝石の煌きと変わらないため、ゲーム的な面白さは保証されています。そのため、まったくキャラクターを知らなかったとしても問題なく遊ぶことが可能です。

カードのコストなども見直されているため、むしろ通常版の宝石の煌きよりも遊びやすいかもしれません。

ただし、あくまでも宝石の煌きなので過度な期待は禁物です。劇的に面白さが増しているわけではなく、多少要素が増えたくらいの変化です。また、版権ものなので、日本語版が発売される可能性は低そうですね。

タイトル Splendor Marvel
発行年 2020年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 30分
デザイナー Marc André
Splendor
[ボードゲーム] 宝石の煌き 紹介宝石の煌きは宝石商として、鉱山を確保したり、職人を雇用したり、貴族と関係を築いていく2~4人用のゲームです。今や定番ゲームのひとつで日本...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。