ボードゲーム

[ボードゲーム] モウ(MOW)紹介

mow

「モウ」はひとりずつ順番にカードを出していき、出せなくなったら場にあるカードを引き取る2~5人用のカードゲームです。引き取ったカードの中にあるハエの数がマイナス点になります。

モウ(MOW)について

ボドゲのモウ

牛カードは5色48枚あります。色によって書かれている数字とハエの数が異なります。基本的には牛の絵と数字が描かれていますが、中には特殊能力を持ったカードもあります。

牛カードをシャッフルして、各プレイヤーに手札として5枚ずつ配ります。残りは山札として置いておきます。

スタートプレイヤーを決めて、矢印カードを左隣のプレイヤーのほうに向けて置いておきます。

ゲームの流れ

手番プレイヤーは手札から1枚カードを場に出します。

最初の1枚は好きなものを出せます。2枚目からはすでに場にある牛カード列の両端にしかおけません。また、そのとき数字が昇順になっている必要があります。

もし、置けない場合はすでに場にあるカードをすべて引き取り、裏にして自分の前に置いておきます。その後、手札から1枚カードをプレイします。

カードを置いたならば、山札からカードを1枚引きます。

以降は矢印カードの方向に従って手番を行っていきます。

ラウンドの終了

山札がなくなった後、手札からカードを出せなくなったプレイヤーが出たらラウンド終了です。

獲得したカードと残った手札にあるハエの数を数えて記録しておきます。

ゲームの終了

ラウンド終了時、ハエの数が100を越えるプレイヤーがいるとゲーム終了です。

もっともハエの数が少ないプレイヤーの勝利です。

大人から子供まで遊びやすいゲーム

カードゲームのモウ

ポケット版は2~5人用ですが、インターナショナル版では6~10人で遊ぶためのカードが追加されます。また、箱を開けると「モ~」と鳴くようになっています。

作者は「キングドミノ」「ジャマイカ」「ミスタージャック」などを手がけたブルーノ・カタラです。

順番にカードを出してき、出せなくなったらダメという「ノイ」のようなカードゲームです。カードを引き取らされるところは「ニムト」っぽさもありますね。

基本は小さい数字、または大きい数字を出していくのですが、間に割り込むことができるカードや、すでにあるカードの上に重ねられるカードもあり、一筋縄ではいきません。

手札による運要素は大きいのですが、意外と長く生き延びられることもあり、上手くいったときの気持ちよさはなかなかです。

わかりやすいルールなので、お子さんと遊ぶのにもちょうど良さそうです。

タイトル MOW
発行年 2008年
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 15分
デザイナー Bruno Cathala
BGGリンク MOW | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。