ボードゲーム

[ボードゲーム] パフューマリー 紹介

Perfumery

パフューマリーは香水ブランドのオーナーとして自身のブランドを発展させていく2~4人用のゲームです。花や植物、動物由来のエッセンスを抽出・調合して新たな香水を完成させていきます。

Perfumery(パフューマリー)について

ボードゲームのパフューマリー

各プレイヤーはノートタイル、ストックヤードタイル、初期資金カードを受け取ります。ワーカーとなる調香師コマは初めは2個で、ゲーム中に3個まで増やせるようになります。

アクションタイルを並べ、カード獲得アクションタイルの上部にパフュームカード、下部にレシピカードを並べます。

ゲームはパフュームカードとレシピカードの山札がなくなるまでラウンドを繰り返します。

各ラウンドは3つのフェイズに分かれています。

ラウンドの流れ

開発フェイズ

スタートプレイヤーから順番にアクションタイルにワーカーを配置して、アクションを実行します。アクションタイルにはコマを1つしか置けない場所と何個でも置ける場所があります。

これにより、カードを獲得・プレイしたり、エッセンスを入手したり、ワーカーを増やしたりします。

調香フェイズ

各プレイヤーはトップノート、ミドルノート、ベースノートという3つのタイルを持っています。開発フェイズではそれぞれに対してレシピカードを配置しています。

3つのノートを下から順番に効果を解決して、エッセンスを獲得します。レシピカードにより入手できるエッセンス量が増えたり、変換されたりしていきます。

その後、獲得したエッセンスを使い、パフュームカードをプレイします。パフュームカードは得点にもなり、エッセンスの保管場所にもなります。必要なエッセンスがあれば、好きなだけパフュームカードをプレイできます。

残ったエッセンスはパフュームカード上で保管します。カードに乗せられなかったエッセンスは揮発してしまうため、すべてストックに戻します。

クリーンアップフェイズ

アクションタイルに配置してあるワーカーを回収します。

その後、パフュームカードとレシピカードの補充を行います。

ゲームの終了

クリーンアップフェイズにパフュームカードとレシピカードの山札がなくなると、次のラウンドでゲーム終了です。

プレイしたパフュームカードの価値を合計して、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

ワーカープレイスメント+エンジンビルド

ボドゲのパフューマリー

エッセンスを集め、香水を調合していくワーカープレイスメントです。プレイしたレシピカードが増えていくことで生産できるエッセンスが増えていくため、拡大再生産の一面もあります。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで2時間ほどでした。3人の場合、山札は32枚のため、全8ラウンドになります。カードはそれぞれがⅠ・Ⅱ・Ⅲに分けられているため、後半になるほど効果が強力になります。

エッセンスはフローラル、グリーン、アニマル、シンセティックの4種類で、中盤からアニマルとシンセティックが登場します。シンセティックはいわゆるオールマイティで他の3つとして使うことができます。

レシピカードとパフュームカードにはカード価値がついています。

これはお金のような役割を果たし、レシピカードをプレイする際にはその価値分のカードを捨てなければなりません。ただし、手札上限が7枚のため、効率良く循環させる必要があります。

パフュームカードに必要なコストはトップ、ミドル、ベースの3つに分かれており、それぞれに対応するエッセンスが必要になります。そのため、どこに何をどのくらい出すのかパズル的な面もあり、とても悩ましいです。

プレイしたパフュームカードが保管場所になるのもポイントで、カードごとに描かれたエッセンスが1つだけ保存できます。保存されたエッセンスはトップ、ミドル、ベースのどこにでも使えるため、さまざまなレシピに対応しやすくなります。

今回わたしはグリーンエッセンスの保管場所がなかったため、最後のレシピで足りなくなり、他のエッセンスを大量に余らせたまま終わってしまいました。1つでもあれば15点伸びたのに惜しいことをしました。

また、コンポーネントも非常に凝っています。エッセンストークンはそれぞれの形を模していますし、40枚のパフュームカードには、すべて異なる香水名とフレーバーテキストまでついています。

ここまでしっかりした作りでありながら、箱が15センチ×15センチとコンパクトなのがありがたいですね。ただし、ゲーム中はどんどんカードを並べていくため、それなりのスペースが必要になります。

エンジンビルドや拡大再生産が好きな人にオススメのゲームです。

この記事はサンプル提供を受けて執筆しました。そのため、実際の製品版とは異なる場合があります。
wicked forest
[ボードゲーム] ウィキッド・フォレスト 紹介ウィキッド・フォレストは大切な人を助けたい村人として、邪悪な魔女がいる森に立ち入る3~5人用のゲームです。探索カードを1枚ずつめくってい...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。