トランプ

[トランプ] 協力型トリックテイキング:ザ・トリテ

The Torite

ザ・トリテはマストフォロー練習トランプを使用した3~4人用の協力型トリックテイキングゲームです。各自が規定数のトリックを獲得し、なおかつ最後に残った1枚のスートが全員異なることを目指します。

マストフォロー練習トランプとは、スートごとに背面の色が異なるトランプのことです。これにより誰がどのスートを持っているのかが分かります。背面のデザインが異なるトランプを4組使うことで用意することができます。

ザ・トリテについて

使用するカード

4人の場合はジョーカー以外の52枚。

3人の場合はそこからさらに2~4を抜いた40枚。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 3 2 

ゲームの流れ

各自に13枚ずつカードを配ります。3人の場合は1枚あまるため、裏向きのまま置いておきます。

3人の場合はクラブの5、4人の場合はクラブの2を持っている人からリードを行います。(そのカードを出す必要はありません)

ゲームは、切り札あり、マストフォローのトリックテイキングです。切り札はスペード固定です。一般的なトリックテイキング同様、トリックに勝った人が次のリードを行います。

獲得したトリック数が分かるように、裏向きで分けて置いておきます。

一般的なトリックテイキングと異なり、プレイ中はカードのランク(数字)に関すること以外は相談が可能です。

手札1枚を残し、12トリックが終わったらゲーム終了です。

ゲームの勝敗

以下の条件を満たすと全員の勝利です。

3人の場合
  • 獲得トリック数が8・4・0
  • 手札に残った1枚と場に残った1枚のスートがすべて異なる。
4人の場合
  • 獲得トリック数が6・4・2・0
  • 手札に残った1枚のスートがすべて異なる。

成功した場合はさらに勝利スコアを算出することができます。

(もっともトリックを取った人の残った手札の数字)-(一番少ないトリック数の残った手札の数字)+12

で計算し、最高点が24点、最低点は0点です。(Jは11、Qは12、Kは13、Aは14として扱います)

協力してクリアを目指すトランプゲーム

トランプのザ・トリテ

リメイクされると話題になったため、実際に遊んでみました。

4人でプレイして、1回目は失敗、2回目で成功でした。勝利スコアは14点です。

ランク以外は相談可能というルールのため、ザ・クルーなどの他の協力ゲームに比べると難易度は易しめです。しかも、スートが分かっているため、どの順番でカードを出していくと何が残るというのも見通しが立てやすいです。

1回目は最終トリックで1つずれてしまいましたが、2回目は残り何トリックかで「これはもういけた」という雰囲気になっていました。恐らく人数が少なくなるほど難しいのではという気はします。(2人用・1人用ルールもあります)

簡単だと感じた方は、よりハイスコアを目指すか、相談の制約をもっと厳しくした方がよさそうですね。

どんな感じにリメイクされるのか楽しみです。

トランプゲームのまとめ
トランプゲーム一覧(61種類)現在、サイト上で紹介している主なトランプゲームの一覧です。 ルールの難易度を5段階で表しています。(最終更新日2020年10月22日)...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。