[ボードゲーム] ピココ 紹介

ピココは3~5人用のトリックテイキングゲームです。自分の手札が見えないのが特徴で、クジャクを模したカードホルダーがついています。各自が何トリックずつ獲得するかを予想します。

ピココについて

カードは5色あるのですが、1枚で3色をもつ多色カードが4枚あります。

同じ色の同じ数字は存在しないため、多色カード1(紫、黄、赤)があることにより、紫、黄、赤の1はありません。

他に信任カード、ベットトークン、先手プレイヤートークンがあります。

プレイ人数に応じてカード枚数を調整し、山札を作ります。

各プレイヤーに8枚ずつカードを配ります。残った山札の1番上のカードをめくり、その色が切り札スートになります。めくったカードが多色カードだった場合、切り札はありません。

手札は自分に見えないようにしてカードホルダーに差し込みます。そのため、自分以外の手札は見えるようになっています。

相手の手札を見て、各プレイヤーがそれぞれ何トリックずつ取るかを予想します。予想はベットトークンの握り込みで行います。

全員に対するベットが終わったら、今度は信任カードを裏向きで1枚プレイします。

信任カードはどのプレイヤーに対するベットに自信があるかを示します。信任カードで指定したプレイヤーに対するベットが正解すると+3点、失敗すると-1点になります。ベットに自信がない場合、不信任カードを出します。不信任カードは、予想に関係なく1点が入ります。

この段階ではカードは裏向きのままなので、誰がどのベットに対して自信があるのかは分かりません。

トリックはスタートプレイヤーから行いますが、プレイするのはターゲットプレイヤー(左隣のプレイヤー)のカードです。その後、時計回りに各自がターゲットプレイヤーのカードをプレイしていきます。

トリックは切り札ありのマストフォローです。多色カードもマストフォローのしばりを受けます。多色カードからリードする場合は、どの色として使うか宣言してプレイします。

トリックを獲得するのは、カードをプレイしたプレイヤーではなく、そのカードを手札に持っていたプレイヤーです。

次のリードはトリックを獲得したプレイヤーの手札から出されるので、実際にプレイするのは、その右隣のプレイヤーです。

これを手札がなくなるまで行います。

得点計算

  • ベットに成功 +2点
  • ベッドに対して±1 +1点
  • ベット失敗 0点

さらに信任カードにより、+3点か-1点か+1点が入ります。

次のラウンドは得点がもっとも少ないプレイヤーが先手プレイヤートークンを受け取ります。

これを3ラウンド行い、合計得点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

見た目は鮮やかだが思ったより玄人向けか

ピココ

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


クジャクの羽のように差し込まれるカードのインパクトに目がいきますが、遊んでみるとかなり玄人向けの感じでした。

自分以外の手札が分かっているため、どの順番でカードがプレイされるとどうなるかというのをいくつか想定していなければなりません。これがしっかり読めていないと、恐らく場全体が混乱します。

情報を共有しているため「ここはそれだよね」「え?そこでそれなの?」といった通常のトリックテイキングでは味わえない感覚があります。ベットが同じだと、ちょっとした協力ゲームのような感じもありますね。

今回は3人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで40分ほどでした。

みんなの思い通りにならないことが多く、不信任を出してコツコツプレイしていた自分が有利な展開になりました。最後は信任も当てて、そのまま勝利できました。

山札が残るので、完全なカウンティングはできないのですが、それでも結構な情報があるため、なんとなく自分が強い、弱いくらいは把握できます。しかし、実際やってみると、なかなか思い通りにはいかず、独特なプレイ感です。

さまざまな情報を把握する必要があるため、どちらかというとトリックテイキングに慣れている人向けのゲームではないでしょうか。今回は3人でしたが、5人で遊ぶとまた違った印象になるかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。