ボードゲーム

[ボードゲーム] がんばれカメくん 紹介

がんばれカメくん(はらぺこかめさん)は2~5人用のレースゲームです。カードをプレイして5色のカメを進めていきます。各自は担当のカメが1匹ずつ決まっているので、そのカメを1位でゴールさせることを目指します。作者はライナー・クニツィアです。

がんばれカメくんについて

はじめにカメタイルを1枚ずつ配ります。これは非公開情報で、5色のうち1色のカメが描かれています。これを最初にゴールさせるのが目的です。

その後、各プレイヤーにカメカードを5枚ずつ配ります。

カメカードにはカメのイラストとプラス、またはマイナスが描かれています。カードをプレイすることで対応する色のカメがプラスならば前へ、マイナスならば後ろに進みます。矢印が描かれたカードは最下位のカメが進みます。また、虹色のカメのカードは好きな色のカメを進めることができます。

カメが重なっている場合は、一緒に移動します。

たとえば、上から順番に赤、青、緑、黄と重なっていた場合、緑のカメを進めると、赤青緑が一緒に進んでいきます。移動先にカメがいれば、その上に乗っかります。

手番ではカードを1枚プレイし、それから山札から1枚を補充します。

これを繰り返し、いずれかのカメがゴールするとゲーム終了です。

先にゴールした色のカメタイルを持っているプレイヤーがゲームに勝利します。もし、カメが重なって同時にゴールした場合、もっとも下にいるカメが1位です。

5色のカメによる正体隠匿レース

見た目から分かる通り、5歳以上から遊べる簡単ゲームです。

しかし実際にやってみると、なかなかどうして大人でもしっかり楽しめます。

自分の色を進ませたいところですが、露骨に進めるとバレてしまい、妨害されてしまいます。そのため、カメの固まりが一進一退するのですが、これが妙に面白いです。

カードをプレイする度に「ほう」「なるほど」「そうきますか」といった風流な感嘆の声が聞かれます。

カードは進むか戻るかしかなく、特殊効果などは一切ありません。コースも10マス足らずの直線です。

そういった最低限の要素ながらも、しっかり駆け引きやジレンマを感じさせてくれるのが、さすがクニツィアだなと感じました。

誰かに強く勧める、とまではいきませんが「なんとなく持っていたい」と感じさせるゲームでした。

小さな子供でも遊べる簡単レースゲームです。
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。