ボードゲーム

[ボードゲーム] スイッチアンドシグナル 紹介

Switch&Signal

スイッチアンドシグナル(Switch&Signal)は、列車を運行して商品を送り届ける2~4人用の協力ゲームです。信号や切り替えを上手く操作して、早さが異なる列車をぶつからないように進めていきます。

スイッチアンドシグナル(Switch&Signal)について

ゲームボードは両面仕様になっており、マップが異なります。
表面がヨーロッパで裏面が北アメリカです。

ゲームボードの指定の位置に切り替えディスクと信号ディスクを置きます。4色の商品キューブを対応する都市に置き、時間トークン7個をボード上に置きます。

カードはアクションカードと運行指示カードの2種類です。

アクションカードはプレイヤーの手札となり、運行指示カードは手番開始時に山札からめくります。

最初に手札として5枚ずつアクションカードを配ります。

ゲームは終了条件を満たすまで、手番を繰り返します。

手番の流れ

ボードゲームのスイッチアンドシグナル

1.運行指示カードの公開

運行指示カードの山札の1番上を公開します。

カードにはどの列車を進めるか、どの列車を新しく登場させるかが書かれています。その指示に従って、列車を進めたり、新しい列車をボード上に配置したりします。

列車は3種類、3つずつあります。種類によって振るダイスが異なり、進む歩数が違います。

2.カードのプレイ

手番プレイヤーがカードをプレイしてアクションを実行します。

カードは何枚でもプレイでき、まったくプレイしなくてもOKです。

アクションの種類
信号 信号ディスクを移動させます。
ボード上の信号は赤のため、ディスクを置くことで青に変わります。
切り替え 路線上にある切り替えディスクを移動させます。
列車の運行 列車の種類を1つ選び、対応する列車すべてを好きな順番で進めていきます。
荷物の積み込み 好きなカード1枚を捨てて、都市にある列車に対して荷物を積み込みます。
ジョーカー 好きなカード2枚を捨てて、任意のアクションを実行します。

列車を進めた際に赤信号に引っかかったり、他の列車にぶつかったりすると時間トークンが減ります。時間トークンがなくなると運行指示カード1枚が取り除かれます。その後、再び時間トークンをリセットします。

3.カードの補充

手札を5枚補充します。

手札上限は10枚です。

特殊効果

ゲームボード上部に3人のキャラクターが描かれています。それぞれ特殊な効果を持っており、1回ずつ使うことができます。

効果を使ったならばタイルで覆っておきます。

ゲームの終了

すべての荷物を運ぶことができればゲームクリアです。

その前に運行指示カードがなくなってしまうとゲーム失敗です。

いろいろなところに目を向けながら列車を進める

ボドゲのスイッチ&シグナル

古いところで言うとチクタクバンバン、新しいところで言うとコンダクトトゥギャザー!のようなゲームです。

どちらもリアルタイムで進行するため、とてもわちゃわちゃしますが、スイッチアンドシグナルはターン制のため、じっくり考えることができます。

ただし、運行指示カードが制限時間のような意味合いを兼ねているため、のんびりしているとすぐにゲームオーバーになってしまいます。

今回は4人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで1時間ほどでした。

アクションカードは信号、運行、切り替えの3種類だけで、特殊効果などもないため、とても分かりやすいです。2枚使えばどのアクションも行えるため、手番でまったく何もできないということはありません。

序盤は列車も少ないため、特に悩むことはないのですが、だんだん増えてくると考えることが増えてくるため、忙しくなってきます。

1種類すべての列車が動くというのがポイントで、全部を上手く動かすのはどんどん難しくなっていきます。こちらは通れるけれど、こちらは引っかかるということが必至なので、ある程度妥協しつつ進めていかなければなりません。

どこに列車が登場するか、どの列車が運行するかはカードのめくりやダイスで決まります。また、列車ごとに何マス進むかもダイスなので、かなり運要素は強いです。

どんどん複雑になっていく状況下で、みんなで相談しながら進めていくのが楽しいゲームです。

タイトル Switch & Signal
発行年 2020年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 45分
デザイナー David Thompson
BGGリンク Switch & Signal | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。