ボードゲーム

[ボードゲーム] サンタモニカ 紹介

santa monica

サンタモニカは南カリフォルニアに魅力的なビーチを開発していく2~4人用のゲームです。手番ではさまざまな効果を持ったビーチやストリートのカードを配置します。カード上にある地元住民や観光客を移動させることで、さらに得点を増やしていくことを目指します。

サンタモニカについて

ボードゲームのサンタモニカ

サプライとしてカードを4列×2行の8枚並べます。前の4枚が前列となり、手番で取ることができるカードです。後列は前のカードが取られたときに補充されるカードです。後列から前列に補充されたならば、山札から後列にカードを補充します。

ランダムにサンドダラータイル2枚と目的タイル1枚を選びます。

サンドダラータイルには、手番で行える特殊アクションが書かれています。目的タイルには、追加点や減点の条件が書かれています。

その後、人数+1枚のスタートタイルを並べ、逆順に1枚ずつ選んでいきます。スタートタイルには初期資源とVIPコマで得られる得点の条件が書かれています。

ゲームは誰かが14枚のカードを並べるまで続きます。

通常のゲームだと一手番に1枚のカードを獲得するため、14ラウンドでゲームが終わります。

ゲームの流れ

1.選択フェイズ

前列4枚のうち、いずれか1枚を獲得します。その際、フードトラックやグルメがいればサンドダラーをもらえたり、コマの移動が行えたりします。

カードは大きく分けてビーチとストリートの2種類です。

ビーチカードは上段に、ストリートカードは下段に配置します。

2.配置フェイズ

カードは、すでに配置してあるカードに隣接するように配置します。

カードにはいくつかのアイコンが描かれており、その位置によってさまざまな得点が得られます。また、コマを移動させることで得点が入るカードもあります。

指定された個数のサンドダラーを支払うことで、サンドダラーアクションを行うことができます。

3.配置アクションフェイズ

コマやサンドダラーのアイコンが描かれていればそれらを獲得します。コマはそのカード上に置き、サンドダラーは手元に置いておきます。

コマの移動ができる場合は、指示にしたがってコマを移動させます。

4.リフレッシュフェイズ

後列から前列にカードを補充し、山札から後列にカードを補充します。

ゲームの終了

誰かが14枚目のカードを並べたら、そのラウンドを最後まで行い、ゲーム終了です。

最終得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

パズルチックなカード配置ゲーム

ボドゲのサンタモニカ

カードには特定のアイコンに隣接させることで得点になるものや、一定数のコマを置くことで得点になるもの、同じアイコンを連続させることで得点が増えるものなど、さまざまな条件があります。それらさまざまな条件を踏まえてカードを配置していかなければならないため、パズル要素が強いです。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間ほどでした。

カードにコストなどはないため、4枚のうち、好きなものを選ぶことができます。資源としてはサンドダラーがあるのですが、これは特殊アクションを実行するために使用します。そのため、なくても特に困るようなことはありません。

今回わたしのスタートタイルの条件がビーチを移動させた枚数だけ得点だったため、とにかく上段だけにカードを並べていきました。ビーチ9枚にストリート5枚という偏った配置でしたが、思ったほど得点は伸びませんでした。

コストや配置制限などがないため、基本的に4枚のうち好きな1枚を選ぶことができます。そのため、プレイする上でストレスがほとんどありません。ただし、得点を考えると、どのカードをどこに置くかがとても悩ましいです。

最初に決めるサンドダラータイルや目的タイルによって、得点の入り方がだいぶ変わってくるため、毎回新鮮な気持ちで楽しめそうです。カードのイラストの雰囲気もいいですね。

タイトル Santa Monica
発行年 2020年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 30~40分
デザイナー Josh Wood
BGGリンク Santa Monica | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。