ボードゲーム

[ボードゲーム] ダイスロードレース 紹介

ダイスロードレースは自転車のロードレースをテーマにした2~6人用のゲームです。初めはダイスを3つ持っているのですが、6の目がでるたびにダイスが減ってしまいます。また、同じマスに他のプレイヤーがいる場合、「チェック」することで自分もダイスを振ることができます。ダイスを振るだけで、ロードレースの駆け引きが短時間で楽しめるゲームです。

ダイスロードレースについて

プレイヤーは自分の色のダイス3個とプレイヤーコマを受け取ります。

コースボードは3枚で両面仕様になっており、好きなように組み合わせてマップを作ることができます。3枚目にゴールがあれば他は表裏を問わず組み合わせることができます。各マスには1~3の数字が書かれています。

手番は以下の流れで行います。

1.ダイス選択

手元にあるダイスのうち、何個を使用するか宣言します。

2.チェック

手番プレイヤーと同じマスにいる他プレイヤーは、チェックするかどうかを選びます。チェックする場合は、手番プレイヤーと同じ個数のダイスを使用します。

同じ個数がない場合はチェックすることはできません。

3.ダイスロール

まず手番プレイヤーがダイスを振り、続けてチェックしたプレイヤーがダイスを振ります。

4.コマの移動(手番プレイヤー)

手番プレイヤーは出た目を合計して、その値を上限としてコマを進めます。

5.コマの移動(チェックしたプレイヤー)

手番プレイヤー以上の出目を出したプレイヤーは同じマスまで進むことができます。それ以外のプレイヤーは出目の合計値を上限として、好きなマス数を進めます。

6.ダイスの回収

手番プレイヤーとチェックしたプレイヤーの両方で、6の目が出たダイスをゲームから取り除きます。もし、振ったダイスの目がすべて6の場合は1個だけ残すことができます。

そのため、1個だけダイスを振れば、6が出ても取り除かれることはありません。

7.手番の移動

左隣のプレイヤーに手番が移ります。

上記を繰り返し、最初にゴールに到達したプレイヤーの勝利です。

ロードレースならではの駆け引き

基本はダイスを振ってコマを進めていくだけなのですが、何個ダイスを使うか、どこで仕掛けるかに駆け引きがあります。

6のダイスが出ると多く進めるものの、ダイスの数が減ってしまうので、だんだんと体力が落ちていく様子を感じさせます。また、他のプレイヤーをチェックしようと思っても、ダイスの数が足りないと、ついていけないというところもリアルです。

今回は3人で遊んでみました。

他の2人が最初からダイスを3つ振っていくのに対し、わたしは様子を見て1個、2個と使っていきました。すると、みるみるうちに2人のダイスが減っていき、差がグングンと縮まっていきます。序盤は体力を温存して、後半にスパートをかける感じですね。

終盤になると、わたしだけがダイスを複数個持ち、2人は1つずつしかなくなったため、チェックができなくなりました。

そのため、そのまま2人を追い越して逆転勝利しました。

体力が減ってきて、だんだんと速度が落ちていくのが実際のロードレースを思わせます。コマの進み方によって「こんなことが起こったのでは?」と想像させられますね。

シャカリキや弱虫ペダルといったマンガを読んでいると、より世界観に入り込みやすいかもしれません。

ダイスを振るだけでロードレースならではの駆け引きが短時間で楽しめるゲームです。

※このゲームはTwitterでのRTキャンペーンで当選したものです。

ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。