[ボードゲーム] テキサスショーダウン 紹介

テキサスショーダウンは3~6人用のトリックテイキングゲームです。正確にはトリックを取らない方がいいので、トリックアボイダンスですね。8スートありますが、各スートで数字の大きさが違います。ルールは難しくないのですが、いろいろなところに工夫が見られるゲームです。

テキサスショーダウンについて

まずカード構成が特殊です。

数字は0から74までありますが、すべての数字があるわけではありません。目安としては0~10、11~20といった感じでスートが分かれています。各スートが何枚あり、そのスートの中でもっとも大きい数字は何なのかはカードに書かれています。

ゲームはマストフォローなのですが、これもちょっと変わっています。

リードスートを持っていない場合、好きなスートを出すことができるのですが、以降はそれまでに出されたどちらかのスートをフォローしなければなりません。たとえば、リードが黒で、次の人が黒を持っていなかったため、紫を出します。すると、その次の人は黒と紫のどちらでもフォローできます。

トリックに勝つのは、もっとも多く出されたスートのもっとも大きな数字です。

5人で遊んだ場合、11、12、13、71、72とカードがでると、13がトリックに勝ちます。(10台が同じスートなので)出されたスートの枚数が同じならば、数字が大きい方が勝ちます。

この勝敗の決め方もかなり独特です。

得点は単純に1トリック、マイナス1点です。

これを繰り返し、誰かがマイナス15点に達するとゲーム終了で、もっともマイナス点が少ないプレイヤーの勝利です。

他に類を見ない独特さ

テキサスショーダウン #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


一般的なトリックテイキングの場合、リードスートが枯れていれば好きなカードを出せるようになります。それにより、別スートで負けたり、切り札スートで勝ったりできます。

このゲームではマストフォローの範囲が広がってくるので、あとから出されたスートを持っていればフォローしなければなりません。その辺りの感覚がとても独特です。

みんなのスートが枯れ始めると、場に複数のスートがでてくるので、最後手番の人は誰を勝たせるかをある程度コントロールできるようになります。この辺りの油断ならなさも個性的ですね。

  • スートごとにまったく異なる数字構成
  • 広がっていくマストフォロー
  • トリックの勝敗の決め方

一見すると、普通のカードゲームのようですが、トリックテイキングに慣れている人ほど新鮮さを感じるゲームです。

ここまで変わっていると、もはやトリックテイキングという印象を受けないかもしれません。

他に類を見ない感覚なので、1度プレイしてみる価値はありますね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。