ボードゲーム

[ボードゲーム] アイル・オブ・キャッツ 紹介

the isle of cats

アイル・オブ・キャッツは猫を救出するために船に乗せていく1~4人用のゲームです。さまざまな効果を持つカードをドラフトで獲得し、個人ボードにネコタイルをパズルのように配置していきます。

アイルオブキャッツについて

ボードゲームのアイルオブキャッツ

島ボードの両脇に袋から引いたネコタイルを置いていきます。その他、オシャックスタイル、ネココマ、宝物タイルのサプライを用意します。

各プレイヤーは個人ボードを受け取ります。ボードは両面仕様になっており、ルールによって使い分けます。さらにバスケットトークン1枚を受け取ります。

ゲームは全5ラウンドです。
各ラウンドは5つのフェイズに分かれています。

ラウンドの流れ

フェイズ1:フィッシング

各プレイヤーはサプライから魚トークンを20個ずつ受け取ります。

魚トークンは一般的なゲームというところのお金で、さまざまなコストとして使用します。

フェイズ2:探索

各プレイヤーにカードを7枚ずつ配ります。その中から2枚を選び、残りを隣に渡します。どちら側に渡すかはラウンドごとに異なります。その後、受け取ったカードから2枚を選び……を繰り返し、手札を7枚にします。

手札を確認して、どのカードを残すかを決めます。カードを残す場合は、左上に書かれた分のコストを支払います。

フェイズ3:課題の公開

手札にある課題カードをプレイします。全員に適応される課題は公開して置いておきます。個人の課題は裏向きのまま、個人ボード脇に置いておきます。

課題カードは目標のようなもので、条件を満たしていれば加点、または条件を満たさないと減点になります。いずれもゲーム終了時に判定します。

フェイズ4:ネコの救出

手札から緑色のカードを裏向きで出し、全員がそろったら一斉に公開します。緑色のカードにはブーツ、バスケット、またはその両方が描かれています。ブーツの数字がスピードを表しており、この合計値順に順番マーカーを変更します。

その後、1回ずつネコの救出を行います。

ネコの救出にはバスケットと魚トークンが必要です。ボード左側のネコタイルを取るためには3魚、右側だと5魚が必要です。

救出したネコは個人ボードに配置します。1枚目は好きなところに置けますが、以降は隣接するように置いていきます。

これを全員がパスするまで順番に行います。

5.貴重な発見

スタートプレイヤーから順番に貴重な発見を行います。

ここで獲得できるのは宝物タイルかオシャックスタイルです。オシャックスは特別なネコタイルで、配置する際に好きな色として使うことができます。

その後、場に残ったネコタイルをすべてゲームから除外します。

フリーアクション

紫のカードはどのタイミングでもプレイすることができます。

新たにカードを引いたり、ネコタイルを補充したり、さまざまな効果をもたらします。

ゲームの終了

5ラウンドを行うとゲーム終了です。

最終得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。(何が何点になるかは個人ボードに描かれています)

ドラフト+パズル

ボドゲの猫島

さまざまな効果を持つカードをドラフトで獲得し、それを使ってネコタイルを配置していきます。個人ボードには置くと宝物タイルが置けたり、置かないと減点になるネズミがいたりするため、ピースの形をよく見極めて配置していく必要があります。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで2時間ほどでした。基本的なルールは難しくないのですが、カードのテキスト効果が多いので、初回はそれを読み込むのに時間がかかります。

ネコタイルは同じ色をつなげればつなげるほど得点が伸びるのですが、形もさまざまで、しかもランダムに登場するため、欲しいネコが捕れるとは限りません。宝物タイルは1~3マスのため、ネコタイルを置いてできた空きマスを埋めるのに使っていきます。

課題もさまざまで、赤のネコタイルをちょうど5枚配置、3色のネコタイルしか配置しない、緑を3枚以上置くといった感じに種類豊富に用意されています。また、公開される課題には条件を満たさないとマイナスになるカードもあるため、よくチェックしておかなければなりません。

今回わたしはとにかく赤のネコを集めて、9枚までつなげることができました。10枚が最大値なので、かなり健闘しましたね。ちなみに総得点が59点で、うち赤いネコで35点を取っていました。

ルール量もほどほどで、ドラフトによるインタラクションもあり、タイル配置によるパズル要素もあるという、とても満足感ある仕上がりになっています。上手くタイルが収まると、それだけで気持ちがいいです。

一緒に遊ばれた方々も「とても面白かった」と絶賛されていました。

ソロルールも用意されているため、1人で遊ぶ機会が多い人にもオススメです。

タイトル The Isle of Cats
発行年 2019年
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 60~90分
デザイナー Frank West
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。