ボードゲーム

[ボードゲーム] 羊と花畑 紹介

sheep & garden

羊と花畑は1~4人用のタイル配置ゲームです。各自が目標カードを持ち、高得点が取れるように共通の場にタイルをつなげていきます。目標カードは各自3枚あるのですが、3人・4人の場合は隣の人と目標を1枚共有することになります。

羊と花畑について

ボードゲームの羊と花畑

タイルをよく混ぜて、中央に1枚、山の脇に3枚を表にして置きます。

各自に目標カードを配ります。2人で遊ぶ場合は表向きで1枚、裏向きで2枚です。3~4人で遊ぶ場合は自分の前に裏向きで1枚、隣の人との間に裏向きで1枚を持ちます。このため、自分だけが見える目標と、隣の人と共有する目標があります。

目標カードにはゲーム終了時に得点になるための条件が書かれています。

スタートプレイヤーから表向きの3枚のうち、1枚を選び、すでにあるタイルに隣接するように配置します。タイルには湖、都市、花畑、草原といった地形が描かれているため、矛盾ができるようには置くことができません。

タイルを補充し、時計回りに次の人が手番を行います。

これをすべてのタイルが置かれるまで繰り返します。

タイルを置ききったら、それぞれの目標カードの得点計算を行い、合計がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

小箱のタイル配置ゲーム

ボドゲの羊と花畑

3枚のうち1枚を選んで配置するだけのシンプルなルールです。ちなみにタイルは37枚あり、すべてイラストが異なります。そのため、遊ぶ度にまったく違った地形ができあがるようになっています。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで30分弱でした。

隣の人と目標を共有するというのが変わっており、お互いに配置するタイルを見ながら「まあ、そうなりますよねぇ」などと意味深な言葉をかけあうことになります。

ルール自体はとてもシンプルなので、タイル配置ゲームが初めてでも問題なく遊べます。配置するタイルは公開情報なので、置き方が間違っている場合はすぐに指摘することが可能です。

各自目標が違うため、どんどん思わぬ地形ができあがっていくのが面白いです。心の中で「いや、もうそっちは伸ばさないでくれ」「え?もうそこふさいじゃうの?」と声が漏れます。

ちなみに1人用ルールだと、自分の目標3枚と敵の目標3枚を使用します。また、通常のルールと異なり、3枚から選ぶのではなく、山札から1枚をめくりそのまま配置します。これをタイルがなくなるまで行い、自分の得点から敵の得点を引いた数字が得点になります。

これはこれでパズルゲームっぽくて楽しそうですね。

タイトル Sheep & Garden
発行年 2020年
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 15~30分
デザイナー Shun Taguchi, Aya Taguchi
リトルタウンビルダーズ比較
リトルタウンビルダーズの新旧比較まとめリトルタウンビルダーズは2~4人用のワーカープレイスメントです。2017年に発売したゲームですが、2020年にアークライトからリメイク版...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。