ボードゲーム

[ボードゲーム] トレンディ 紹介

trendy

トレンディは、流行に乗り遅れないようにしたり、新たな流行を作り出したりする2~5人用のカードゲームです。ライナー・クニツィア作で、2000年に発売されたゲームですが、アートワークを一新した日本語版が2021年に発売されました。

トレンディについて

3~7までの数字が書かれたカードが合計65枚あります。数字ごとに入っている枚数が異なります。また、特殊カードとして2枚分としてカウントするスーパーモデルカードと特定の数字を排除するアウトカードが入っています。

各プレイヤーに6枚ずつ手札を配ります。

手番ですることはカードを1枚プレイして、1枚補充するだけです。
それを時計回りに順番に繰り返していきます。

カードを出していき、同じ数字のカードがその数字枚数だけ出ると得点化されます。たとえば、5のカードは5枚出ると得点化されます。

得点化された場合、その数字のカードは得点として裏向きで自分の前に置いておきます。他の数字のカードはすべて捨札になります。

そうしたら、また新たにカードを出し、上記を繰り返します。

  • スーパーモデルカード … 1枚で2枚分の扱いになります
  • アウトカード … その数字がすべて捨札になります。

山札がなくなり、得点化が行われたら、そこでゲーム終了です。

得点計算とゲームの終了

獲得したカードの数字がそのまま得点になります。スーパーモデルカードは1枚の得点しかありません。

プレイ人数分ラウンド行い、もっとも合計得点が高いプレイヤーの勝利です。

誰かが100点を越えたら終わりというルールもあります。

シンプルなカードゲーム

カードゲームのトレンディ

カードを1枚プレイして、1枚補充するだけという、とてもシンプルなゲームです。

小さい数字を早めに得点化してしまうのか、大きな数字を使って得点を伸ばすかの選択が悩ましいです。

今回は5人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで20分ほどでした。

とにかくみんなすぐに得点化してしまうので、その数字を持っていたもの勝ちという雰囲気でした。特に3や4は自分の番が来る前に得点化されてしまうため、なかなか厳しかったです。

6を得点化したい人と7を得点化したい人がぶつかれば、場にいろいろな数字が並ぶはずなのですが、今回は誰かが6を出したら、みんなが追随して6を出すという流れだったので、かなりスピーディーに終わりました。

新版は見た目の雰囲気がかなり変わったので、これからボードゲームを始めるという人に勧めるのにもよさそうです。

タイトル Trendy
発行年 2000年
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 20分
デザイナー Reiner Knizia
BGGリンク Trendy | BGG
小箱ゲーム
手軽に遊べる小箱ゲーム 10選手軽に遊べて、持ち運びにも便利な小箱ゲーム10個をピックアップしてみました。 プレイ人数やプレイ時間も載せているので、選ぶ際の参考...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。