トランプ

[トランプ] 3~4人用トリックテイキング:トルフ

truf

トルフはインドネシアでプレイされているトリックテイキングゲームです。3~4人用ですが、4人で遊ぶのが一般的のようです。ビッドを行い、それによってラウンドのルールが決まります。

この記事では4人用ルールを紹介しています。

トルフについて

使用するカード

通常のトランプ52枚。ジョーカーは不使用。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 3 2 

ゲームの流れ

最初のディールは適当なプレイヤーが行います。次のラウンドからは累計得点がもっとも低いプレイヤーが行います。

カードを1枚ずつ配るのですが、最初のディールは時計回り、次のディールは反時計回りと交互に行います。カードは配りきりのため、手札は13枚です。

1人の手札がすべて「2~10」または「A・K・Q・J」だった場合は配り直します。

手札を確認したら、その中の1枚を伏せて出します。全員が伏せたならば一斉に公開します。

このカードは各プレイヤーのビッドを表しています。Aは1トリック、2~10はその数字、J・Q・Kは0トリックを意味します。

ビッドのカードの中で、もっとも大きいトリック数を表しているカードのスートが切り札スートとなります。同じ数字ならば、スペード、ハート、ダイヤ、クラブの順に優先になります。

切り札を決めるカードを出した人がビッダーとなります。

ゲームの決定

  • ビッドの合計値が13より大きい … できるだけ多くのトリックを取ることを目指す。(マイン・アタス)
  • ビッドの合計値が13未満 … できるだけトリックを取らないことを目指す。(マイン・バワ)

もし13ちょうどだった場合は、ビッダーが各プレイヤーのビッドのトリック数を1以上ずつ増やすか、1以上ずつ減らします。増やした場合はマイン・アタス、減らした場合はマイン・バワを行います。

ビッドを行ったら、そのカードは手札に戻します。

プレイ

ビッダーがリードを行います。切り札あり、マストフォローのトリックテイキングです。ただし、切り札でリードができるのは、1枚でもすでに切り札がプレイされている場合か、手札に切り札しかない場合のみです。

切り札をプレイする場合は、必ず裏向きでプレイし、全員が出したら表向きにします。

得点

マイン・アタス 獲得トリック数ービッドのトリック数
値が0以下になれば、それがそのまま得点になる。1以上ならば、その値の2倍が得点になる。
マイン・バワ ビッドのトリック数ー獲得トリック数
値が0以下になれば、それがそのまま得点になる。1以上ならば、その値を2倍が得点になる。

たとえば、マイン・バワの場合、ビッドが4で、1トリック取った場合は、(4-1)×2で6点。ビッドが0で2トリックとった場合、(0-2)でマイナス2点。

マイン・バワで0トリックをビッドして、1トリックも取らなかった場合は固定で5点。

ゲームの終了

13ディール行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

独特なトリックテイキングゲーム

トランプのトルフ

「乗り間違い」の元ネタではという声を見かけて、プレイしてみました。全員の出したカードにより、ゲームの種類が決まるという点は同じです。

ただ、乗り間違いはゲーム中にだんだんとわかっていくのが特徴だと思っているので、あまり似ている感じはしませんでした。

乗り間違い
[ボードゲーム] 乗り間違い 紹介乗り間違いは3~4人用のトリックテイキングゲームです。マストフォローのトリックテイキングなのですが、トリックを取るべきなのか取らざるべき...

カードの配り方に時計回りと反時計回りがある、切り札を裏向きでプレイするなど、他にはないめずらしいルールが採用されています。

ビッドがかなりキモで、たとえばスペードでたくさん取ろうと思って強気にビッドしたのに、切り札が他のスートになってしまうと、大ダメージを被ってしまいます。この辺りは運要素が強いですね。

また、切り札は裏向きでプレイするというのも予測が立てづらく、運の要素が高まっています。

そういった意味で、ギャンブル要素が強めのトリックテイキングゲームでした。

ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。