[ボードゲーム] 数エーカーの雪

2人用のボードゲームというと、ルールが簡単で、あまり時間がかからない、というイメージを持たれている方も多いかもしれません。(参照:2人用おすすめボードゲーム 5選
それに対し、今回紹介する「数エーカーの雪」は、2人用でありながらしっかりとボードゲームをした感覚が味わえるゲームです。

数エーカーの雪について

ドミニオン」の登場により、デッキ構築が一大ブームになったことがありました。
それを追うようにして、数々のデッキ構築ゲームが登場しましたが、数エーカーの雪もその中の一角と言えるかもしれません。

ただし、数エーカーの雪が他のデッキ構築と大きく異なるのは、デッキを構築していくだけでなく、マップがあり、コマを配置していき、戦争をするということです。

プレイヤーはフランス側とイギリス側に分かれます。
ちなみにデッキの中身もそれぞれの国によって多少異なります。

いわゆるデッキ構築ゲームでは、
「カードでアクションを行う」⇒「カードを増やす」⇒「手札をリセット」
というのが一連の流れです。

ゲームによって、多少の付加要素はありますが、そこまで大きくは変わりません。

しかし、数エーカーの雪では行えるアクションが20種類ほどあります。
この時点で、もうただのデッキ構築ではない感じがプンプンします。

アクションは大きく分けると「拡大アクション」「カード管理アクション」「攻撃アクション」「財政アクション」「その他」とあり、それぞれにいくつかのアクションがあります。

大まかな流れは、デッキを構築しつつ、コマを配置し、場合によっては相手と戦争を行い、勝利点を稼ぐというものです。
その間に、砦を作ったり、奇襲をしたり、お金を稼いだりというアクションを行います。

勝利条件は2つあり、

1.相手の主要都市の包囲戦に勝利する

2.すべてのコマ、またはディスクを置ききる

のどちらかを満たすとゲームが終了します。

包囲戦の場合は勝者がゲームに勝ち、コマやディスクを置ききった場合は、その時点での得点を計算して、勝利点が多い方が勝ちとなります。

久しぶりに数エーカーの雪を遊んでみて

Processed with Moldiv

まだ数回しか遊んだことがなかったため、改めてルールを確認しながら遊んでみました。
一通り最後までやって、2時間半ほどかかりました。

アクションの種類の多さもさることながら、厄介なのが地名です。

マップは地図になっているのですが、どこに何があるのか分かりません。また地名によっては呼び方が分からないものもあり、それをいちいち探すのに時間がかかります。

他に一般的なデッキ構築と異なり、手札がリセットできません。
残った手札はそのまま次のラウンドに持ち越すことになるので、組み合わせによっては全然手札が回らなくなります。今回もそれを痛感しました。

遊ぶのにハードルは決して低くありませんが、長時間ゲームが大丈夫な人が2人いれば、十分におすすめできるゲームです。
デッキ構築+ウォーゲームという、他では味わえない感覚が楽しめます。

ただ初めは何をやっていいのか全然見当がつかないので、何度かやってみる必要はありそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)