[ボードゲーム] 180224 大崎ボードゲーム会

2018年初の大崎ボードゲーム会に参加してきました。今回は初参加の方も2人いて、最大9人という大所帯でした。

スノーマンション

スノーマンション #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


各プレイヤーが手札からアクションを選び、恨まれ役の主を殺したり、他のプレイヤーを殺害したりします。毎回それぞれの前にカードを置き、誰がどのアクションを選んだのか分からない状態で公開していきます。

カードの中には殺害しにきたプレイヤーを返り討ちにするものや、他のプレイヤーを守る護衛などがあります。

これを全4回行い、もっともポイントが多いプレイヤーの勝利です。

5人で遊び、1人が途中で脱落、3人が9点で1人が10点という結果でした。

エンパイアーズ

Empires 8人戦。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


交渉がメインのゲームで、まさかの8人戦です。(10人まで遊べます)

8人戦ともなると、交渉の幅がかなり広がり、いろいろな能力が飛び交います。

最初の国家ドラフトでも当然バッティングが起こり、マイナスのカードを持ってスタートするプレイヤーもいました。

今回のハイライトは大英帝国の能力で、これにより物資の価格を下げられ、一気に所持金が0になったプレイヤーもいました。自分も損しつつ、相手も損をさせるという能力で、使うタイミングが見事でした。以降、市場フェイズで緊張が走るようになりました。

場が大きく動き出すのは1ラウンド目の戦争が終わってからです。
戦争の結果で、余分な資源や人民が増えるので、交渉が活発になります。

ルール説明からゲーム終了まで2時間ほどで、非常に盛り上がりました。この人数で、この手のゲームが遊べるのはいいですね。買った甲斐がありました。

レイダーズ・オブ・ザ・ノースシー

ここから5人と3人に分かれ、一方はアクワイア、こちらではレイダーズ・オブ・ザ・ノースシーを遊びました。

1人が初プレイということで、ルール説明から入ったのですが、それほど複雑なルールではないので、すんなりスタートできました。

今回は早々にクルーを集め、すぐに襲撃することにしました。しかし、思ったように資源が得られず、得点も伸びません。どれも中途半端な結果になり、3位でした。

貢ぎものタイルを一切取らないとなかなか点数が伸びませんね。

アズール

アズール57対51対46。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


アクワイアがまだ終わらないようなので、そのまま3人でアズールを遊びました。

上手いことマイナスは避けていたものの、最後の縦ボーナスや全部置きボーナスで大きくまくられ、負けてしまいました。ゲームの途中で「なかなかこれは殺意高いな……」という声が聞かれました。

ポップなコンポーネントの割に、なかなか人を選ぶゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)