[トランプ] 五行相克

五行相克は5人専用のトリックテイキングです。各自にパートナーが設定されるのですが、自分のパートナーのパートナーは自分ではないという不思議な関係になっています。

五行相克について

使用するカード

通常のトランプ52枚

カードの強さと得点

通常通りのA、K、Q、J、10、……、2

切り札はスペード固定

A~10までの5枚は各1点、他は0点

ゲームの流れ

ディーラーが左隣から順番に各自に10枚ずつカードを配ります。

残った2枚のうち、1枚を表にします。これは開始札と呼ばれ、リードスートになります。それを確認したら、もう1枚も表にします。この2枚は最初のトリックを獲得したプレイヤーのものになります。

2枚のうち点数があるカードが1枚か0枚

パートナー1人戦となり、自分の右隣のさらに右隣のプレイヤーがパートナーとなります。

2枚ともが点数があるカード

パートナー2人戦となり、自分の両隣以外の2人がパートナーとなります。

ゲームはマストフォローのトリックテイキングです。ディーラーの左隣から開始札のスートをフォローする形でリードします。以降は通常のマストフォローのトリックテイキングで、手札がなくなるまでこれを繰り返します。

ただし、得点があるカードは表向きにして、自分の前に並べておきます。

得点

パートナー1人戦と2人戦で得点方法が異なります。

パートナー1人戦

自分の得点がパートナーの得点以下ならば、その分がそのまま得点です。

パートナーを上回っていれば、差分マイナスになります。

パートナー2人戦

自分とパートナー2人の得点を合計します。その合計点と12の差分がマイナスです。上回っても、下回ってもマイナスなので、最大でも0点です。

これを5ラウンド繰り返し、合計得点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

ちょっと、もっと頑張ってよ!

自分にとってはパートナーなのに、相手にとって自分はまったく関係ないというのが、何とも不思議です。

高得点を取るためには、パートナーが得点を稼ぎつつ、自分も稼がなければなりません。自分だけが取り始めると、どんどんマイナスになってしまう恐ろしさがあります。

誰がどのくらい点数を取っているかは公開情報なので、それを見越してあえて自分は取らずに失点させるということができます。この辺の駆け引きが面白いです。

ゲームが2種類あるのも面白いポイントで、パートナー2人戦で大きく失点すると、終盤でも十分逆転可能です。

5人専用ということで、プレイの機会はそれほどないかもしれませんが、ぜひ遊んでみて欲しい不思議なプレイ感のトリックテイキングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。