[ボードゲーム] PALA(パーラ) 紹介

160109

パーラは3~5人用のトリックテイキングです。
「点描画法」「印象派」という2つのルールが入っており、それぞれ違った面白さがあります。変わり種のトリックテイキングは多いですが、パーラもなかなか特殊なトリックテイキングです。

[ボードゲーム] 非トランプのおすすめトリックテイキング

2015.09.20

PALA(パーラ)の特徴

パーラは他のトリックテイキングと比べて、大きく変わっている点がいくつかあります。

  1. トリックの途中でリードスートが変わることがある
  2. 1度に2枚のカードを出すことがある
  3. ボードとチップがコンポーネントに入っている
  4. 色によってランク(数字)の構成が異なる

特に上記2つは大きな関わりがあり、このゲームの特徴を決めています。

パーラのスートは色です。

色はプライマリーカラーである赤、青、黄、セカンダリーカラーである橙、紫、緑の6色あります。つまり6スートということになりますね。

トリックはマストフォローで行われるため、赤でリードされたら赤で、緑でリードされたら緑でフォローしなければなりません。

通常のトリックテイキングでは、リードスートをフォローできない場合、別のスートを出してトリックに負けるか、切り札を出してそのトリックに勝つことが主な流れです。

しかし、パーラではリードスートの色を混ぜて、別な色にすることができます。

たとえば、リードスートが赤の5だとします。あなたは赤を持っていません。そこで、その赤のカードの上に、自分の手札から黄の2のカードを乗せます。すると、赤+黄=橙、5+2=7で、リードスートが橙の7になります。

このシステムがパーラの特徴であり、他のトリックテイキングとの大きな違いです。

リードスートが橙になったため、さらに手札から橙の3を出してフォローします。以降の人は赤ではなく、橙でフォローしなければなりません。

PALA(パーラ)のルール

点描画法

トリックを獲得することを目指します。トリックを始める前にチップを使ってビッドを行い、ビッドした色のカードを獲得することで得点となります。

印象派

トリックを取らないことを目指します。トリックを始める前に、それぞれのスートの役割を決めていきます。スートの役割は主に失点の大きさを決めます。

個人的には印象派のルールの方が好きです。通常、1枚のカードが1点、2点といった失点となるのですが、FACEという役割となったスートは、そのカードの数字がそのままマイナス点となります。そのため、1枚でマイナス9点となったりして、大きく場が荒れます。1ディールで点数が大きく変わるので逆転要素が強いです。

勝てると思ったトリックで負けたり、負けると思っていたトリックで勝たされたりと、なかなか思い通りにいかないトリックテイキングです。もう何度も遊んでいますが、たまに取り出して遊びたくなるゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)