ボードゲーム

[ボードゲーム] トリックテイカーズ 紹介

トリックテイカーズは、2~5人用のトリックテイキングゲームです。ラウンドごとに固有能力を持つキャラクターを選び、それぞれが異なる勝利条件を目指してゲームを行います。

トリックテイカーズについて

ボードゲームのトリックテイカーズ

基本キャラクターカードが5枚、拡張キャラクターカードが3枚あります。それぞれ能力や勝利条件が異なります。

数字カードは4スート、1~9の36枚で、その他に白旗カード、レアカードがあります。さらにキャラクター専用のカードやダイス、トークンなどがあります。

ゲームは全3ラウンドです。

ラウンド開始時に手札を確認してからキャラクターを選択し、その後5トリックを行うとラウンド終了です。

3ラウンド終了時にもっとも得点が高いか、キャラクターの勝利条件を満たすとゲームに勝利します。

ラウンドの流れ

  1. プレイングカードの配布
  2. キャラクターカードの選択
  3. キャラクターの準備
  4. トリックの開始
  5. 王冠(黒王冠)の獲得

ゲームはマストフォローのトリックテイキングです。4色のうち、黒が切り札です。レアカードと白旗カードはマストフォローに関係なく、好きなタイミングで出すことができます。レアカードは数字カードより強く、白旗カードは数字カードよりも弱いです。

5トリック行い、獲得トリック数がもっとも単独で多かったプレイヤーが王冠を獲得します。同点の場合は誰も獲得できません。

1トリックも取らなかったプレイヤーは黒王冠を獲得します。

その他、トリック数やキャラクターカードに応じた得点を獲得します。

勝利者の優先度

優先度1:キャラクターカードの勝利条件

キャラクターの勝利条件を満たしていればゲームに勝利します。同時に条件を満たした場合はキャラクターカードに書かれた優先度を参照します。

優先度2:王冠2つ

王冠を2つ獲得した人がゲームに勝利します。

優先度3:黒王冠3つ

黒王冠を3つ獲得した人がゲームに勝利します。

優先度4:勝利点がもっとも多い

勝利点が同点の場合は、キャラクターカードの優先度を参照します。

非対称ルールのトリックテイキング

ボドゲのトリックテイカーズ

ROOT(ルート)のように全員が違うことを目指すトリックテイキングゲームです。

単純にたくさんのトリック獲得を目指すキャラクター、ビッド数通りに取ることを目指すキャラクター、専用デッキで戦うキャラクターなど、キャラクターごとにまったく違った立ち回りが要求されます。

今回は4人で遊び、ルール説明からゲーム終了(2戦)まで80分ほどでした。1戦目は5種類のキャラクターを使い、2戦目は拡張を含めた8種類のキャラクターを使用しました。

かなり独特なプレイ感のゲームです。

基本的なトリックテイキングのルールが分かっていれば、かなり楽しめます。手札が5枚しかないため、いきなりクライマックスのような展開になります。

最強のデッキを持っているけれども内訳がほぼバレていたり、1トリックだけカードの強さを逆転させたりと、それぞれの能力の兼ね合いがあるため、そのときに何が使われているかも重要です。

「今回はこれとこれが使われているから、こっちを狙おうか」と考えるのが他のトリックテイキングにはない要素で新鮮でした。

1回遊んでみて、かなり盛り上がったため、続けてもう1戦遊びました。拡張キャラクターは、さらにルールが複雑になるため、いきなり全種類使って遊ぶのは大変そうです。

キャラクターはラウンドごとに選ぶため、1プレイで最大3キャラクターを使うことができます。

キャラクターごとにやることがずいぶん違う上に、どのキャラクターがいるかでも立ち回りが変わるため、トリック前にいろいろ考えるのが面白いです。

確率は低いですが、一発逆転を狙えるキャラクターもいるため、最後までダレずに楽しめます。

トリックテイキングが好きならば試してみる価値があるゲームです。

タイトル TRICKTAKERS
発行年 2021年
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 30~40分
デザイナー Hiroken
BGGリンク なし
変わり種トリックテイキングゲーム10選トリックテイキングゲームには、さまざまな種類があります。トランプを使ったものから、独自カードのまで種類豊富ですが、今回はその中でも特に個...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。