[トランプ] ツーペン(トゥーペン)

ツーペンは2~8人用のゲームで、オランダでよく遊ばれているようです。手札が4枚のトリックテイキングでポーカーのようなビッド要素があります。また、口笛を吹いたり、立ち上がったりといった一風変わったアクションが含まれています。

ツーペン(トゥーペン)について

使用するカード

各スートの7、8、9、10JQKAの32枚

他にライフとして各プレイヤーに10点分のチップがあるといいです。紙に書いてもいいでしょう。

カードの強さ

 10 9 8 7 A K Q J 
絵札よりも数字札が強い特殊な順番です。

ゲームの流れ

最初のディーラーは任意の方法で決めます。次からは前回の最後のトリックを取ったプレイヤーがディーラーとなります。

ディーラーは各プレイヤーに1枚ずつカードを配ります。手札の合計は4枚です。残りのカードはテーブル中央に置いておきます。

交換

手札にA K Q Jしかないプレイヤーは山札と交換することができます。手札を裏向きにして自分の前に置き、中央の山札から4枚のカードを引きます。交換はA K Q J以外のカードを持っていてもすることができます。

その際、他プレイヤーは交換されたカードが本当にA K Q Jだけなのかチャレンジすることができます。簡単にいえばダウトですね。もし交換したカードの中にA K Q J以外のカードが混ざっていれば交換したプレイヤーがライフを1失います。もし、A K Q Jしかなければチャレンジしたプレイヤーがライフを1失います。

チャレンジした場合でも交換自体は成立します。(確認するのは捨てられたカードだけなので)

交換が終わったら、ディーラーの左隣のプレイヤーからリードします。マストフォローのトリックテイキングで切り札はありません。

4トリックのうち、ライフに関係するのは最後のトリックだけです。最後のトリックで勝ったプレイヤー以外はライフを失います。失うライフは通常1ですが、ノックがあると増えます。

ノック

プレイ中のどんなタイミングでもノック(テーブルをたたく)することができます。

ノックとは、勝てなかった場合の失うライフの数を増やそうという提案です。

ノックがあった場合プレイを中断し、ノックをした左隣のプレイヤーからそのまま勝負を続行(ステイ)するか、降りる(フォールド)するかを決めます。フォールドした場合は、それまでにノックがなければライフ1、すでに1回ノックがあればライフ2、2回ノックがあればライフ3と、そのときの状況に応じたライフを支払い、手札を裏のまま捨てて、ゲームから脱落します。

ノックはプレイ中、何度でも可能です。ただし、同じプレイヤーが連続して行ったり、フォールドしたプレイヤーがすることはできません。また、ノックすることで失うライフが自分のライフを上回ってしまうような場合もできません。

次にリードするはずのプレイヤーがフォールドした場合は、その左隣のプレイヤーがリードします。

10とJの宣言

  • 手札に10が3枚 ⇒ 口笛を吹く
  • 手札にJが3枚 ⇒ 口笛を吹いてもいい
  • 手札に10が4枚 ⇒ 立ち上がる
  • 手札にJが4枚 ⇒ 立ち上がってもいい

手札が決まった際に、上記の条件を満たしていた場合は表記の通りの行動をします。口笛を吹けない場合は大きな声で歌います。

ゲームの終わり

10個すべてのライフを失ってしまったプレイヤーが出たら、そのプレイヤーの負けでゲーム終了です。

ギャンブル要素が高いトリックテイキング

勝負に関係するのは最後のトリックだけなので、5本のきゅうりのような感じです。ただ、4トリックだけなので、もっとテンポがいいです。

手札は4枚だけで、さらに山札が残るので、完璧なカウンティングはできません。そのため、運要素は結構高いです。

今回5人で2回やってみたのですが、一度も口笛を吹いたり立ち上がったりするチャンスはありませんでした(笑)

カードの引き運に依存する部分は大きいですが、手札があまりよくなくてもポーカーのようにレイズして相手を降ろしてしまえば勝つことができます。また交換にもブラフ要素があるので、配られてそれで終わりとはなりません。

切り札がないため、フォローできなければ負けるというのも分かりやすくていいです。『誰もクラブをフォローできないのか……。じゃここでノックしてみるか』といった計画が立てやすいです。

いろいろな要素がきれいにまとまっており、なおかつルールもシンプルなので、ちょっとした空き時間にも遊びやすいです。2~8人とプレイ人数の幅が広いのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)