[トランプ] アゴニーアント

アゴニーアントはトランプを使った4人専用のトリックテイキングゲームです。作者は99やハムレット、ミニミゼールなどを手がけたデヴィッド・パーレットです。

アゴニーアントについて

使用するカード

通常のトランプ+ジョーカー1枚の計53枚です。

その他に各プレイヤーに17枚ずつのチップと専用のボードが必要です。

専用ボードは以下のサイトで公開されています。

Agony Aunt(アゴニーアント)| ゲームばっかりやってないで

アゴニーアント!| 杜の家アーカイブ

カードの強さ

 A K Q J 10 … 3 2 

切り札はありません。

ゲームの流れ

カードをシャッフルして、1枚を表向けます。もし、このときにジョーカーがでたらやり直します。

このカードはダンプカードと呼ばれます。ジョーカーはダンプカードのランク、スートとして扱います。

その後、各プレイヤーに13枚ずつカードを配ります。

ディーラーの左隣からリードを行います。以降は切り札なしのマストフォローのトリックテイキングです。

ボードには3×3マスがあり、ハートQやジョーカーなどが書かれています。それに当てはまるカードを獲得した場合、そのマスにチップを置きます。

チップが縦横斜めのいずれかにそろってしまった場合、さらに1枚チップを置きます。

これを手札がなくなるまで繰り返します。

ボードに置かれたチップは基本的には返ってこないのですが、以下の場合は戻ってきます。

  • 全トリック獲得 ⇒ すべてのチップが戻ってきて再び17枚になる
  • 1トリックもとらない ⇒ 同上(ただし、上記がある場合はなし)
  • チップを置かなかった ⇒ 今までに失った半分のチップが戻ってくる(端数切り捨て)

全員がチップを持っていれば、ディーラーが左隣に移ります。

1人以上がチップがなくなってればゲーム終了で、もっともチップが残っている人の勝利です。

わかりやすく盛り上がるトリックテイキング

アゴニーアント #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


基本的にはトリックを取ることにメリットがないので、トリックアボイダンスですね。

ゲーム中にチップが目に見えて減っていくので、盛り上がります。

この手のゲームにしてはめずらしく、割と簡単にチップが戻ってくるので逆転も十分可能です。

今回は1人がチップをすべて失ってゲーム終了でしたが、その段階で2人が17枚保持という接戦でした。

4人専用ということと、チップが結構な枚数必要というのがネックですが、ボードゲームを遊んでいる人ならば、トークンか何かで十分代用可能です。

ちなみに今回はポーカーチップを使用しました。

別府さいさんのボードは、ダンプカードを置くスペースがあったり、ゲームの説明なども書かれているので、だいたいのルールが分かればその1枚だけでゲームができます。

参照:Agony Aunt:David Parlett’S ORIGINAL CARD GAMES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)