ボードゲーム

蒸気の時代 BARBADOS【ソロプレイ】

Age of Steam

蒸気の時代は鉄道をテーマにした1~6人用のボードゲームです。さまざまなマップがあり、それぞれに違ったルールが採用されています。今回は蒸気の時代DXに入っているソロ専用マップ、BARBADOS(バルバドス)をプレイしてみたので、ゲームの流れと感想をまとめます。

蒸気の時代 BARBADOS(バルバドス)

ボードゲームの蒸気の時代

セットアップ

紫色のコマと新都市E、F、G、Hは使用しません。

白色のコマは特定のマップでしか使用しないため、混ぜないようにしておくのがオススメです。このマップでも使用しません。

商品ディスプレイの白枠部分とABCDに商品をランダムに配置します。Aに赤色、Bに青色が出た場合は別の色のコマと交換します。

ボード上の黄色の都市に商品コマを1つずつランダムに配置します。

ゲームに慣れていない場合は2つずつ配置するバリアントルールが用意されています。

ゲームの流れ

1.株式発行

1ターンに1株しか発行できません。

2.手番順の決定

ありません。

3.アクションの選択

エンジニア、移動力、都市化、生産の4つが選べます。他は使用しません。

1度選んだアクションはディスクで封鎖されます。4つすべてのアクションを1回ずつ行うとリセットされて、再び選べるようになります。

4~8

通常通りのルールです。

9.商品補充

ダイスを2個振ります。

10.ターンマーカーを進める

全10ターン行います。

ゲームの終了と最終スコア

発行した株式を1株あたり5金で買い戻します。

買い戻すことができなければ敗北です。

買い戻せた場合、残った所持金が最終スコアとなります。

ソロでのスコアアタック

ボドゲの蒸気の時代

1人用ルールなので、手番順決定の競りはありませんが、他はほとんど通常通りなので、ルールを学ぶのにもちょうどいいです。

初回はルールを確認しつつやってみたのですが、途中で破産してしまいました。

そのため、バリアントを採用して2回目をやってみました。けれども、終盤になってボード上に残り続けている白キューブに目がとまり、セットアップを間違っていたことに気づきました。

白キューブは通常マップでは使わないため、どの都市にも運ぶことができません。白が出てくることで、本来運べるはずの色が出てこなくなるため、ただただ厳しくなります。

初回が厳しすぎた理由が分かりました。

というわけで、仕切り直しの3回目です。

今度はちゃんと収入も増えていき、ゲーム終わりまで完走することができました。

最後に株を買い戻し、残った所持金は40ドルでした。3回目はルールが分かったこともあり、1プレイ15分ほどしかかかりませんでした。

商品の補充がランダムのため、どの都市に何色が出るかにより、線路のつなげ方が変わってきます。そのため、「このマップだとこれが最善」ということがありません。毎回違った展開を楽しむことができます。

今回ソロプレイをやってみて面白かったので、他のソロルールのマップにもチャレンジしてみたいです。

Age of Steam
[ボードゲーム] 蒸気の時代(Age of Steam)紹介蒸気の時代(Age of Steam)は1~6人用の鉄道をテーマにしたゲームです。プレイヤーは株式を発行することで資金を得て、それを元に...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。