ボードゲーム

[ボードゲーム] 黄昏の篝火(Bonfire)紹介

Bonfire

黄昏の篝火(たそがれのかがりび)は、とある星に住むノームとなって、篝火を灯して星の再興を目指す1~4人用のゲームです。人気のデザイナー、シュテファン・フェルトによる作品で、さまざまな要素の中から最善手を見つけていきます。

黄昏の篝火(Bonfire)について

ボードゲームの黄昏の篝火

ゲームボードに任務トークン、ノームカード、長老カード、ポータルトークンなどを準備します。各自の船コマは桟橋に置いておきます。

各プレイヤーは半円状の個人ボードとリファレンスを兼ねたタイル置き場を受け取ります。さらに初期資源と初期アクションタイルを受け取ります。

ゲームは、終了条件を満たしてから、さらに5ラウンドを行って終了です。

手番では以下の3つのうち、いずれかのアクションを行います。

手番で行うこと

1.捧げ物タイルを配置し、アクションタイルを獲得

このアクションは手元にあるアクションタイルが1枚以下のときしか行うことができません。

3種類のアクションが描かれた捧げ物タイルを個人ボードに配置して、対応するアクションタイルを獲得します。

すでに配置されているタイルに隣接して置かなければならず、同じアイコン同士がつながると、そのタイルを追加でもらうことができます。

2.アクションタイルを使ってアクションを実行

手元にあるアクションタイルを消費して、アクションを実行します。

行えるアクションは以下の6種類です。

  1. 船の移動
  2. 道の建設
  3. 任務の獲得
  4. 篝火の訪問
  5. 守護者を進める/獲得する
  6. カードの獲得

3.篝火を灯す

個人ボードにある任務タイルの条件を満たしていれば、それを裏返して、見習いコマを評議会に送ります。その後、該当するボーナスをもらいます。

ボーナスアクション

ボードに描かれた任務を達成していれば、そこから中立の見習いコマを取り、評議会に送ります。追加アクションのため、通常のアクションも行うことができます。

ゲームの終了

評議会に送られた見習いコマの数が規定数になると、カウントダウンが始まります。

そこから5ラウンドを行い、最終得点計算をして、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

この残り5ラウンドはアクションをパスして、残りラウンド数分だけ得点を獲得することもできます。

要素が多い方のフェルト

ボードゲームのボンファイヤー

とにかく要素が多いです。ただ、どの方針でいっても、それなりに得点が取れるため、各自が独自路線で進めることができます。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで3時間弱かかりました。

一通り説明を聞いて、それぞれのアクションについては理解できるのですが、「で、どこから手をつければいいの?」となるタイプのゲームです。

アクションタイルを消費してアクション実行のため、選択肢は自然と限られます。タイルの補給も1枚以下にならないとできないため、手元にあるタイルで上手くやり繰りしなければなりません。

それだけだとかなり窮屈なのですが、このゲームでは任意の組み合わせ2枚で、どのアクションでも行えるため、数さえ確保できればやりたいことができます。また、どのアクションでも行えるワイルドタイルもあります。

ちなみにアクションタイルの補充もパズル要素を含んでいるため、どの順番で使っていくかの計画性が要求されます。マスを埋めるとタイルや資源がもらえる要素もあります。

考えることは山盛りで、どの順番で道を置くか、どの任務から達成するか、どのカードから取るか、どのタイミングで篝火を回すかなどなど、常に膨大な選択肢の中から一手を考えなければなりません。

実際にやってみると、思ったよりも終わりが来るのが早いです。

序盤はだいぶゆっくりなのですが、一定のラウンドが経過すると次々と任務が達成されてしまうため、「え?もう終わりなの?」となってしまいます。

最初はやることが多くて途方に暮れますが、だんだんとやるべきことが分かってくるため、ルール量の割にはプレイしやすいです。とはいっても、「ここまでのボリュームはちょっと……」という人も当然いそうです。

妨害要素・攻撃要素はないため、インタラクションはタイルやカードの早取りくらいです。そのため、相手に邪魔されることなく、じっくり得点効率を考えたい人にオススメです。

タイトル Bonfire
発行年 2020年
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 70~100分
デザイナー Stefan Feld
[ボードゲーム] トラヤヌスを初プレイした感想「ノートルダム」「ブルゴーニュ」「倉庫の街」などでお馴染みのシュテファン・フェルトの作品です。最近ではフェルトというと要素がてんこ盛りの...
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。