ボードゲーム

[ボードゲーム] キメラ&モア 紹介

chimera&more

キメラ&モアは3人か5人で遊ぶゴーアウト系のカードゲームです。非対称のチーム戦になるので4人では遊べません。出し方の組み合わせが20種類もあるので、慣れるまではリファレンス必須です。

キメラ&モアについて

3人用と5人用で少しルールが異なります。今回は5人用のルールを紹介します。

カードは6スートの0~12とH、PiYa(ピィヤ)とChimera(キメラ)が1枚ずつ、Messenger Bird(メッセンジャーバード)が4枚あります。

通常の数字は0~12までつながっていますが、H(ハンター)はつながっていません。また、2と11のカードには得点が書かれています。

ピィヤはシングルで出した場合、キメラ以外に勝ちます。さらにそれぞれのスートの1~12としても使うことができます。

キメラはシングルで出すと最強です。

メッセンジャーバードは各スートの0~12として使うことができます。

準備

メッセンジャーバード4枚は表にして置いておきます。

他のカードをすべてシャッフルし、1枚を表にしてからカットします。

山札の上から3枚×2組をキメラの巣として裏向きのままよけておきます。

その後、各自に1枚ずつ配りきります。このとき、表になったカードを渡されたプレイヤーからビッドを行います。

ビッド

ビッドでは30、50、70かパスを宣言します。ハードバスなのでパスした人は抜けます。前の人よりも高い数字しか宣言できません。そのため、70を宣言したらその人がキメラになります。

また、ビッドをする際、手札のうちの0~3枚を表にして自分の前に置くことができます。これはキメラがパートナーを選ぶ際の参考になりますし、さらに交換にも使います。

パートナーの決定

もっとも高い数をビッドした人がキメラになります。キメラは他の4人の中から自分のパートナーを1人決めます。その人がピィヤになります。

キメラはキメラの巣2組を見て、1組を自分の手札に、もう1組をピィヤに渡します。

残った3人は先ほど表にしたカードを時計回りに渡します。この際、渡す枚数は3人のうちの最小枚数です。そのため、1人でも表にしていないと交換はありません。

キメラとピィヤも同様にカードを交換します。

キメラ以外の4人はメッセンジャーバードを手札に加えます。

プレイ

ゲームの目的は最初に手札をなくすことです。

一般的なゴーアウトのように前の人と同じ組み合わせで、なおかつ強いカードを出すことができます。ソフトパスなので一度パスしても手番が回ってきます。1人以外がパスをしたら、最後まで残った人がそれまでに出されたカードすべてを獲得します。

カードの出し方は以下の通りです。

シングル カード1枚
ペア 同じ数字2枚
少なくても2ペア以上の
シークエンス
例)33 44 55
トリプル 同じ数字3枚
少なくても2セット以上の
トリプルのシークエンス
例) 222 333
トリプル+アタッチ1枚 トリプルと好きな1枚
トリプル+アタッチペア フルハウス
トリプルのシークエンス
のそれぞれにアタッチ1枚
例) 8882 9993
トリプルのシークエンス
+アタッチペア
例 66622 77755
フォーカード 同じ数字4枚
ストレート スートを問わない5枚以上の連番
フォーカード+
シングルアタッチ2枚
フォーカードと好きなカード2枚
フォーカード+
アタッチペア
フォーカードとペアが2組
ファイブカード+
シングルアタッチ2枚
ファイブカードと好きなカード2枚
ファイブカード+
アタッチペア
ファイブカードとペアが2組
シックスカード+
シングルアタッチ2枚
シックスカードと好きなカード2枚
シックスカード+
アタッチペア
シックスカードとペアが2組
トラップ アタッチなしの5カードか6カード
キメラフライト以外の組み合わせのときに自由に出せる
キメラフライト キメラ+ピィヤ
どの組み合わせの時にも出せて最強
メッセンジャーバード リードの際にシングルで出すと自分でそのカードを獲得して、さらに次のリードを誰にするか決める

得点計算

キメラが最初にあがった場合、ビッドした2倍の得点が入ります。

ハンターが最初にあがった場合、キメラはビッドした分がマイナスです。ハンターには30点ずつ入ります。

他にトラップやキメラフライトが出ていると得点があがります。

また、獲得したカードに得点カードがあればそれは各プレイヤーに加算されます。

ゲームの終了

誰かが400点に達したらゲーム終了です。

もっとも得点が高いプレイヤーが勝利します。

望むならば目標点を300や500にすることもできます。

えーと、この出し方はできたっけ?

カードゲームのキメラ&モア

タイトルから察しがつく人もいるでしょうが、キメラの拡張のようなゲームです。3人でも遊べるため、これがあればキメラはなくてもよさそうです。

非対称チームにビッド、それに加えて出し方が20種類もあるという要素がもりだくさんのゲームです。

基本はゴーアウトなので早く手札をなくせばいいのですが、どにかく種類が多いので他のゲームにはない出し方はその都度確認が必要になります。出してみてから「え? それはできなくない?」と言われることもあります。

5人で遊んでみましたが、正直ここまで複雑にする必要はあるのかと思いました(笑)

もちろんそれなりの面白さは保証されるのですが、さすがにちょっと要素が多いなと感じました。

5人でゴーアウトだったらトランプで遊ぶ保皇の方が好みですね。

要素盛りだくさんのゴーアウト系です。
[ボードゲーム] 3人専用カードゲーム「キメラ」を初プレイした感想今日は最初から最後まで3人の予定だったので、3人専用ゲームであるキメラを遊んでみました。 他は最近話題のグラスロード、カヴェルナをプレ...
[ボードゲーム] ティチュー 紹介ティチューは2対2のペアとなって戦う4人用のカードゲームです。手札をいち早く出し切ることを目的とするトランプの大富豪のようなゲームです。...
[トランプ] 保皇(バオファン)保皇(バオファン)はトランプを使った5人用ゲームです。大富豪+ナポレオンのようなゲームで、手札を早くなくすことを目指します。遊ぶのにはト...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。