ボードゲーム

[ボードゲーム] カメレオンの定義 紹介

カメレオンの定義

カメレオンの定義は、トランプを使って遊ぶ2~4人用のゲームです。32枚のカメレオンカードをプレイしていくことで、そのゲームでの得点方法が決まります。組み合わせによって目指す方向性が変わるため、遊ぶ度に違った展開が楽しめます。

ルールとカメレオンカードは無料でダウンロードすることが可能です。
カメレオンの定義 | BOOTH

カメレオンの定義について

遊ぶ際はトランプが1組と、得点を記録しておくチップや筆記具が必要です。

ジョーカーを抜いたトランプをシャッフルし、全員に6枚ずつ配ります。これを手札と呼びます。手札はすべて自分の前に公開して並べておきます。

残りはトランプの山として置いておき、その隣に3枚を公開して並べておきます。この3枚を場札と呼びます。

カメレオンカードをシャッフルして、全員に5枚ずつ配ります。こちらは他のプレイヤーに見られないようにして持っておきます。残りはカメレオンカードの山として置いておきます。

適当な方法でスタートプレイヤーを決めます。手番はスタートプレイヤーから時計回りで行います。

ラウンドの流れ

手番では以下の3種類のうち、いずれか1つのアクションを行います。

引く

  1. トランプの山から1枚を引き、手札に加える。
  2. 場札から1枚選び、手札に加える。
  3. カメレオンカードの山から1枚引き、自分のカメレオン札に加える。

場札は常に3枚が見えている状態です。なくなってしまったら、トランプの山から補充します。

捨てる

手札から1枚を表向きで捨てます。
捨てたカードは場札の3枚のいずれかの上に重ねます。

出す

自分のカメレオンカードを1枚表向きで場に出します。

ラウンドの終了

上記を繰り返し、規定枚数のカメレオンカードが場に出たら、最後に出した人以外が一手番ずつ行ってラウンド終了です。

規定枚数
2人:5枚 3人:7枚 4人:8枚

場に出されたカメレオンカードによって得点計算を行い、もっとも得点が高いプレイヤーが1勝となります。

これを繰り返し、2勝したプレイヤーがゲームに勝ちます。

だんだんと決まっていくルールを見ながら手札を揃える

カメレオンの定義

プレイ中に得点方法が決まるため、それに合わせて手札を調整していきます。カメレオンカードは「ハート1枚○点」といったものから、「同じ数字1組ごとに○点」「クラブがもっとも多いと○点」といったものまで、さまざまな種類があります。

今回は4人でやってみました。

4人だと1人あたり2枚カメレオンカードを出すとラウンドが終わってしまうので、意外と展開が早いです。

手札が少ない方が有利なカメレオンカードが何枚か出ていたため、初期手札とほとんど変わらないままラウンドが終わってしまいました。もっと手札を交換してやりくりする感じかなと思ったのですが、案外あっさり終わってしまいますね。

カメレオンカードが偏ってしまうと、自分に有利なカードを出せないまま終わってしまうため、ある程度ゲーム慣れしている人ならば最初から拡張ルールのドラフトを入れた方がよさそうです。ドラフトすることで、どんなカードがあるのか把握できるため、また違った展開になりそうです。

トランプさえあれば印刷して遊べるので、ぜひ試してみてください。

タイトル カメレオンの定義 Go with the flow
発行年 2020年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 20~30分
デザイナー
[ボードゲーム] なんでデジカメ忘れたんすか芭蕉さん!! 紹介なんでデジカメ忘れたんすか芭蕉さん!!は、お題に書かれた図形を「5・7・5」で伝えるコミュニケーションゲームです。ひとりが芭蕉さんとなり...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。