トランプ

[トランプ] トリックテイキング+ポーカー:コルポ(Colpo)

colpo

コルポ(Colpo)はトランプを使った3人用のトリックテイキングゲームです。あとから行われるポーカーのために5枚を抜いておき、残りの手札でトリックテイキングを行います。ただし、トリックの結果によってはポーカーが行われないため、どのカードを残すかが考えどころです。

コルポ(Colpo)について

使用するカード

通常のトランプから2と3とジョーカーを抜いた44枚。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 4 

ゲームの流れ

手札の分割

ディーラーは14枚になるように各自にカードを配ります。残った2枚はこのゲームでは使用しません。裏向きのまま置いておきます。

各プレイヤーは手札を確認したら14枚のうち、ポーカーで使う5枚を選び、裏向きにして前に置いておきます。(通常のポーカーと異なるため後述)

ビッドとトリックテイキング

ディーラーの左隣から「コルポ」を宣言するか、パスをします。コルポは全9トリックのうち7トリック以上取るという宣言です。1人でもコルポを宣言したらビッド終了です。コルポを宣言した人をビッダーと呼びます。

ビッダーが決まるか全員がパスをしたらトリック開始です。ビッダーがいればビッダーが、いなければディーラーの左隣がオープニングリードを行います。

マストフォローのトリックテイキングで切り札はスペード固定です。

9トリック行い、誰かが7トリック以上取るとディール終了です。またはビッダーが失敗しても終了になります。

ポーカー

9トリック行い、ビッダーがおらず、誰も7トリック以上取っていなければポーカーを行います。各自最初に伏せた5枚を公開して勝負します。

ハンド(強い順)
  1. フォーカード
  2. フルハウス
  3. スリーカード
  4. ツーペア
  5. ワンペア
  6. ノーペア(ハイカード)

通常のポーカーと違い、ストレートやフラッシュはありません。

同じ役同士の場合は通常のポーカーのように強弱を決めます。たとえばツーペアでは高い方のランクを比べ、それも同じならば低いペアを比べます。それも同じならば残った1枚で勝敗を決めます。それも同じならば引き分けです。

もっとも強いハンドのプレイヤーが勝者です。2人が引き分けならば両者が勝者です。3人が引き分けならばノーカウントです。

得点計算

ビッダーがいてビッド成功

ビッダーが獲得したトリック数がそのまま得点。

ビッダーがいてビッド失敗

ビッダーがマイナス7点。他の2人は取ったトリック数がそのまま得点。

ビッダーがおらず誰かが7トリック以上取った

7トリック以上取った人が5点。他の2人は0点。

上記以外

ポーカーの勝者が取ったトリック数がそのまま得点(0トリックだったら3点)。他の2人は0点。

ゲームの終了

ディーラーを時計回りに交代して最初に15点以上になったプレイヤーの勝利です。

トリックテイキング+ポーカーの不思議なゲーム

トランプのコルポ

手札の中からポーカーの役を作る変わったゲームです。

強い役を作っても場合によっては使わないこともあるため、どこまでカードを割くかも考えどころです。

今回3人で15点以上になるまでやってみました。

コルポの宣言は1度もありませんでしたね。よほど手札が強くないと9トリック中7トリックは難しいです。しかも失敗するとマイナス7点なので、かなりリスクが高いです。今回やってみたところゲームを通して7トリック以上取れたことはありませんでした。最高で6トリックまではいきましたが。

実際やってみるとフルハウスまではよくそろいます。あとはたまにフォーカードがでる感じで、さすがにノーペアということは1度もありませんでした。

わたしは手札運にめぐまれ何度かフォーカードを出し、調子よく勝利しました。

かなりの枚数がトリックに使われないため、なかなか展開が読みづらいです。また、初手から5枚を抜くためスート枯れの状態を作りやすいのも特徴です。

トリックテイキング+ポーカーのめずらしいゲームです。

Trick Taking Party ゲーム賞2020 応募作品です。

3人でトリックテイキングゲームを遊ぼうトリックテイキングゲームは、人数に応じてさまざまなゲームがあります。 以前「5人でトリックテイキング」というテーマで記事を書きましたが...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。