ボードゲーム

[ボードゲーム] ダイ公望 紹介

ダイ公望

ダイ公望は、さすらいの釣り師として爆釣王になることを目指す2~5人用のダイスゲームです。魚を確認したら、どのダイスを使うかを選びます。一斉にダイスを公開して、もっとも数が少ないプレイヤーからチャレンジを行います。

ダイ公望について

各プレイヤーは担当する色のダイスと衝立を受け取ります。ダイスは6面体が5個、10面体が1個、20面体が1個です。

魚カードには名前、イラスト、数字、条件が書かれています。

ダイスを振って、その数字以上になれば釣り上げることができます。条件が書かれている場合は、そちらも同時に満たす必要があります。

条件には「同じ目を2つ以上」「4が2つ含まれている」などといった内容があります。

ゲームの流れ

1.ターゲットの決定

山札からカードを1枚めくります。

2.釣り竿の選択

今回振るダイスの種類と個数を決めます。

3.オープン

一斉に選んだダイスを公開します。

4.アプローチ

もっともダイスの個数が少なかった人からアプローチを行います。選んだダイスを振って、魚にチャレンジします。

5.フィッシュオン

成功したらそのカードを獲得します。失敗すると、次に少なかったプレイヤーに手番が移ります。

全員が失敗したならば、キャリーオーバーします。

10面体と20面体は特殊ダイスです。振って使用する以外に、振り直しの効果として使うことができます。ただし、特殊ダイスは1度使うと次のラウンドでは使えません。

ゲームの終了

山札すべて(10枚)のカードがなくなるとゲーム終了です。

もっとも多くのカードを獲得したプレイヤーの勝利です。

ダイスを使って魚釣り

ボードゲームのダイ公望

とてもシンプルなダイスゲームです。

どのダイスを何個選ぶかに駆け引きがあります。数を多くすれば成功する可能性は高まりますが、手番が来ない可能性も高まります。そのため、どこまで数を減らせるかのチキンレースのような一面もあります。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで20分ほどでした。

出たダイス目ですべてが決まるため、運要素は強めです。安全に個数を増やすのか、ギリギリでチャレンジするのかに性格が現れそうです。

結果は9対1対0と、ダイス勝負とは思えないほどの差がつきました。

テーマがハッキリしているため、やることも分かりやすいです。ダイスによっては劇的な展開が訪れるため、盛り上がりやすいですね。シンプルなダイスゲームが好きな人におすすめです。

タイトル Dice Fishing: Roll and Catch
発行年 2016年
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 15~20分
デザイナー Satoru Nakamura
BGGリンク Dice Fishing: Roll and Catch | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。